皆さま、こんにちは。

元気の感染源 レイキカウンセラー®のりゅうあいなです。

 

いつもお越しいただきありがとうございます。

5月に入って すでに10日、長かったGWの終わってみれば早かったとの声がよく聞かれます。

皆さまの連休はいかがでしたか?

 

私の連休の始まりは4月26日に開催しました、第3回釈正輪仏教勉強会から始まりました。

 

今回は2名の男性のご参加でした。講話会にはご常連のお二方です。

 

最初は日本の古来の宗教のことや仏教の宗派の種類。

新興宗教などの話です。

改めて 仏教だけでもたくさんの宗派がありますが、またそこからの派生や神道からの派生などの新興宗教なども考えると、現在の日本には 膨大な数の宗教がぞんざいしているのですね。

こんなにたくさんあるのは、日本ぐらいではないでしょうか?

 

そのあとは 宇宙の真理や六波羅蜜のお話など詳しく解り易くお話いただきました。

 

そのあと 質問させていただいたのですが、

 

六波羅密でも 最初にある大切なことの「布施」(誰かを幸せにするための行為)

 

スピリチュアルでも まず「与えなさい」とよく言われます。

 

実際に「与える」ことを実践されてる方はたくさんいらっしゃると思います。

でも 実際には 「与える」ことは全くせず「奪い続ける」人がいて、「与える」人は与え続け 結局疲れ果てていたり、苦しむ結果となっているのは、どうしたらいいのかと。

 

老師のお答えは

「しんどいなら しなくてよい。無理してするのは布施ではない。」とのこと。

布施は 誰かに強制されてするのではなく、自分の意志で行うこと。しんどいなら無理してする必要もないことなのだそうです。

また、お礼や感謝など 見返りを期待してすることではなく、ただ 自然に相手のことを思ってしているもの。

 

もしそこに 「しなければならない。」というように思ってしているのならば、自分で自分に強制、強要していて自分の意志でしていることではないし、もちろん人に言われてすることでもない。

 

また してくれた方がつらい思いをしていたら、本来は受け取った側も 素直に感謝できず、申し訳なさでいっぱいになり、つらい気持ちになるもの。ただ そうは思わず、してもらって当然の方も多い昨今ですが。

 

以前から老師に教えていただいていますが、「人がどうするかは、どうでもいいこと。自分がどう思い考え行動するかが大事。」

 

何かをしてあげたのに お礼も言われなかった...とか 善く思ってしまいますが、自分が決めてしたことなら、させてもらえたことに感謝するだけで、相手がどうするかなどは 相手のことだから気にすることはない。ということだそうです。

 

とても難しいことですが、どこまでも 自分にフォーカスして 行動することなのだと私は思っています。

 

時間いっぱいまで いろんなお話を教えていただいた仏教勉強会でした。

 

次回は5月24日(金)19時から 天王寺区民センター第一会議室です。

参加申し込みは お申込みフォーム 

皆さまのご参加 お待ちしています。

 

 

次回以降は

 6月28日(金)19時から

 7月26日(金)19時から

 8月12日(月祝)14時から

 9月21日(土)19時から

10月26日(土)13時半から

の予定です。

 

是非手帳に書いておいてくださいね。

 

今日もご覧いただきありがとうございました。

皆さまに愛と感謝と元気をお届け!

りゅうあいなでした。



釈正輪プロフィール


梶浦 逸外(かじうら いつがい)、大森 曹玄(おおもり そうげん)、黒田 武志(くろだ ぶし)、李 西蓊大宋正(り さいおう)の四大老師に師事、禅(臨済宗・曹洞宗)・真言・天台の三宗を兼学する。

中部の霊峰高賀山で「千日回峰行」(せんにちかいほうぎょう)を達成、大阿闍梨(だいあじゃり)となり、密教の荒行「入水往生」(じゅすいおうじょう)並びに山岳回峰「六社巡り」を復興、25年間にわたり継続する。

しかし形骸化した僧界に疑問を抱き、普遍的根源を求め、世界宗教の聖地巡礼を行う。中でもヨルダン川での洗礼や、イスラームの聖地、マッカ大巡礼は偉業と 言われている。更に、マザー・テレサの信仰実践とダライ・ラマ十四世の宗教的覚醒に触れたことが、宗教活動に大きな変化をもたらした。

世界の皇室関係や国家元首をはじめ宗教指導者との交流も深く、特にスリランカ大菩提会会長バナガラ・ウパテッサ大僧上とは旧友の仲である。


眞日本龢法(まことのやまとわほう) 宗家

著書 「死ぬのに適した日などない」 ソフトバンククリエイティブ社     

           「3.11後を生きる術」 フォレストメディア社(電子書籍)

   


釈正輪オフィシャルサイト http://www.syakusyorin.com/

釈正輪講話会https://syaku-syorin.com/

毎週 老師のお話が配信されるメルマガのご登録はこちら

                                    https://syaku-syorin.com/?page_id=108