必要とされる造園業者へ

テーマ:
今年6月から年間植栽管理がスタートした
新浦安のマンションですが、今週の金曜日
から来週木曜日にかけては低木・生垣・高木
・除草などの植栽管理作業。
どうも金曜日から作業をしていると今回は
行わない地被の手入れに該当するハランや
アガパンサスの古葉の見苦しさが目立ち、
急きょの決断で先行作業。

ハランは完全に水分の抜けた茶色い葉も多数
あり、今まで何をどこまでやっていたのか…。

そしてアガパンサスも……。

見苦しかったボーダー植栽も綺麗にスッキリ
としました。これで見苦しさもなくなり、
青々とした植栽になりました。

地被植物は手入れ方法を知らない、そして
手入れのできない造園業者が非常に多いと
感じます。

植栽管理とは地味な作業です。綺麗で当たり
前かもしれませんが、植栽が荒れて困って
いるマンションや施設は9割とも言われます。
今、専門的に植栽管理のできる造園業者が
非常に少ないと言えます。植栽が悪くて
造園業者をかえるパターンも多数あり、
失敗例も多数。予算があっても良くならない
し、予算が少ないから手を挙げる業者もいな
いパターンもあります。業者探しは大変かと
思います。大切な資産を構成する植栽を完全
に全て任せるのですから……。失敗したら
大変です。

弊社もこちらの物件に関しては3社見積りの
プレゼン形式でした。検討決断いてだいた
植栽委員会の皆さまの事を考えてもご期待
に応えるのが私たちの使命かと思っています。
常に期待通り、期待以上の植栽管理サービス
をご提供できるようにするのが弊社の目指す
ことと言えます。どこの現場もコミュニケー
ションを大切に、皆さまから必要とされる
造園業者でありたいと日々考えています。