相続放棄のよくある質問 | 大阪府枚方市の相続・終活の専門家 やぎ司法書士事務所

大阪府枚方市の相続・終活の専門家 やぎ司法書士事務所

大阪府枚方市の相続・遺言・終活を専門とする司法書士事務所です。


テーマ:

こんにちは

枚方市の相続・終活の専門家

司法書市の八木です。

枚方市・寝屋川市・守口市・大阪市

辺りで活動しています。

 

 

今日は、相続放棄のオハナシ。

最近、相続放棄の相談が多くなってきています。

 

テレビや新聞などで、相続放棄について

取り上げられることがあるせいか、

相続放棄という手続が、ひと昔と比べると

身近なものになってきたのでしょうね。

 

そこで、今日は、相続放棄の相談を受けてて

よくある質問と回答をいくつか紹介します。

 

 

1.相続放棄はいつまでにする必要がありますか?

原則、相続の開始を知った時から、3ヶ月以内にする必要があります。

この相続放棄ができる期間を熟慮期間といいます。

 

2.相続放棄の熟慮期間内に、相続財産の調査が終わりそうにありません。

  どうしたらいいですか?

家庭裁判所に熟慮期間の延長の申立をすることができます

 

3.相続放棄しても生命保険金を受け取れますか?

相続放棄した人が受取人に指定されている場合は受け取れます

生命保険金は、相続財産ではなく、受取人固有の財産とされておりますので、相続放棄をしたとしても、受け取ることができます。

故人が受取人となっている場合は、保険金は相続財産となりますので、受け取ることはできません。

 

4.借金がなくても、相続放棄できますか?

できます。

借金(相続財産がマイナス)は相続放棄の要件ではありません。

相続に関わりたくないという理由でも相続放棄は可能です。

 

5.未成年の子供も相続放棄できますか?

できます。

原則、親権者が法定代理人として手続を行います。

親権者が相続放棄せず、子のみが相続放棄をする場合は、親権者は手続を代理することができず、家庭裁判所に「特別代理人」を選任してもらう必要があります。

 

6.相続放棄をしても、遺族年金を受け取れますか?

受け取れます。

遺族年金は、相続財産には含まれず、遺族の固有の権利に基づいて受給することができます。

 

7.3ヶ月の熟慮期間経過後に、故人に多額の借金があることが判明しました。

   相続放棄できますか?

借金の存在を知ってから3ヶ月以内であれば、相続放棄できる可能性があります。

 

 

相続放棄は、手続の期限もありますので、ご検討されている方は、お早目に専門家にご相談されることをお勧めします。

 

 

 

   

 

LINE@で無料相談を受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

よかったら、お友達登録お願いします。

友だち追加

 

 

 

枚方市の終活・相続の専門家 

司法書士 八木裕行さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ