在日外国人ですが、日本で遺言書を作成できますか?  | 大阪府枚方市の相続・終活の専門家 やぎ司法書士事務所

大阪府枚方市の相続・終活の専門家 やぎ司法書士事務所

大阪府枚方市の相続・遺言・終活を専門とする司法書士事務所です。

こんにちは

枚方市の相続・終活の専門家

司法書士八木です。

枚方・寝屋川・交野・守口を中心

に活動しています。

 

今回は、遺言書と外国人の方のオハナシ

 

遺言書、必要ですよね。

もう、これは、みなさんご存知かと思います。

相続手続をスムーズにしたり、遺産争い

避けるため、相続人ではない人に遺産を

渡したい場合、遺言書は作成すべきです。

 

自筆で遺言書を書いたり、公証役場で

公正証書遺言を作成したりしますよね。

 

でも、これって、日本人は当然ですが、

外国人の方は、日本の方式で遺言書

を作成して、有効なんでしょうか?

国籍のある国の方式でないと無効

となるのでしょうか?

 

有効だとして、日本語で書くのか、外国語

なのか、どうなんでしょうか?

 

実は、

 

日本の方式での遺言書は、

 

有効です。

 

公正証書遺言は日本語で作成されます。

日本語で遺言書の内容が理解できない

方は、通訳の方が必要です。

 

 

逆に、外国人の方の本国の方式で作成した

遺言書は、日本では、無効なのでしょうか?

 

これも、

有効なんです。

 

日本の方式でも、外国の方式どちらでも

有効なら、どっちでもいいの?

と思いますよね。

 

でも、日本の金融機関や、官公署に

提出するのに、日本の方式と本国の

方式の遺言書では、どちらがすんなりと

手続が完了するかは、明らかですよね。

 

戸籍制度がない国の法定相続人の確定

作業は大変ですから、日本国内に不動産

などの財産をお持ちの外国人の方は、

ご家族のために、遺言書を作成される

ことをお勧めします。

 

実際に、遺言書を作成する際には、

本国の法律を調べ、相続手続が

日本と本国のどちらの法律が適用

されるかを調査する必要がありますので、

必ず専門家にご相談してくださいね。

 

 

 

 

LINE@で無料相談受け付けています。

よかったら、お友達登録のうえ、

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

 

 

枚方市の相続・終活の専門家