市川芳枝グループ

市川芳枝グループ
市川芳枝(vo) 大谷朝子(pf) 羽田ネコハチ純(harp) 西川まさひさ(b)
 
 
市川芳枝 
心にストレートに響くその切なくも暖かな歌声から「魂のsinger」と形容される、ずば抜けた歌心の 持ち主。
京都老舗ジャズクラブを舞台とした小説「モンク」は彼女と彼女の亡き夫市川修をモデルとして書かれており、
小説と対応するCD[スンミ」は森山威夫(ds)を迎えて同時期に発表。他に CD「FATHER'S  SONG」などをリリース。
2006年 亡くなった京都を代表するジャズピアニストで夫の市川修とは、全国でライブ活動を展開し、大好評を博した。
全国にファンを持ちソウルフルな歌声とパフォーマンスで聞く人を魅了し、彼女を支持するボーカルの卵たちが後を絶たない…。
現在多くのファンを有する京都を中心に活動中。
 
☆パンフレットには、ベース奏者・斎藤一郎となっていますが 『西川まさひさ(b)』に変更です。
お詫びして訂正申し上げます。