【血糖値を上げない食べ方のコツ④】 | 心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

こんにちは。

平井鍼灸院の岡崎ですニコニコ

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ④】

についてお伝えさせていただきます。

 

前回は外食の選び方についてお伝えさせていただきました。

引続き血糖値が上がりにくい食事の摂り方についてお伝えさせて頂きますね。

 

今回は果物の落とし穴についてお伝えして行きます。

 

・果物を食べるときの注意点

果物はビタミンがたっぷりで健康にも良いイメージがありますが甘い果物には糖分(果糖と糖質)が多く含まれています。

通常は糖分が体内に入ると血糖値が上昇するのでインスリンを分泌することで血糖値を下げてバランスを取っています。

ところが果物にはインスリンの影響を受けない果糖が多く含まれています。

結果として過剰な果糖は痛風の原因となる尿酸値を上昇させ、内臓脂肪の原因となる中性脂肪を多く作りやすくなります。

 

果物を食べたいときは

『少量を食後に摂る』

『ヨーグルトと和えること』を意識すると血糖値が上がりにくくなります。

 

 

摂り方を意識してお身体の健康を守っていきましょう。

 

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ④】について

お伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

 

また来週の更新をお楽しみに~パー

以上、平井鍼灸院の岡崎でした^^

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。