【血糖値を上げない食べ方のコツ③】 | 心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

こんにちは。

平井鍼灸院の岡崎ですニコニコ

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ③】

についてお伝えさせていただきます。

 

前回は食べる順番についてお伝えさせていただきました。

引続き血糖値が上がりにくい食事の摂り方について

お伝えさせていただきます。

 

今回は『外食の選び方』をお伝えして行きます。

基本的にはGI値やカーボカウントの低い食材を使った料理を選ぶと良いです。

 

例えば麺類だと

そばやパスタの方がうどんよりはGI値が低いのでオススメです。

 

また、メニューにもよりますが

イタリアンやフレンチは砂糖を使わない料理が多いです。

一方、和食や中華には

みりんや砂糖が使われている事が多いので

和食=ヘルシーでは無く

一つ一つの料理を考えていくことが大切です。

*煮物などにはお砂糖が味付けに加わっているので避けるなどの注意をしましょう。

 

他に料理を選ぶときのポイントは

『肉・魚・卵』の動物性たんぱく質を

メインメニューにすることです^^

*砂糖除外の法則はそのままでお願いします。

 

例えば…

すき焼きや焼き肉よりも

しゃぶしゃぶやステーキを選ぶのがオススメです。

 

 

しゃぶしゃぶやステーキも何で食べるか?

も一緒に意識して行きましょう。

しゃぶしゃぶならごまだれよりもポン酢

ステーキならソースよりも

醤油や塩で食べるとより良いです。

 

また、外食時のご飯等の主食の量としては

半分ほどの量を目安に減らして摂っていきましょう。

 

食べる順番は前回のブログを参考に食べましょう。

食事の合間に味噌汁やスープなどの汁物を

摂ることでも満腹感を得られやすくなります。

 

主食の量とおかずの量を逆にするイメージで見直していきましょう。

 

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ③】について

お伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

 

また来週の更新をお楽しみに~パー

以上、平井鍼灸院の岡崎でした^^

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。