【血糖値を上げない食べ方のコツ②】 | 心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

こんにちは。

平井鍼灸院の岡崎ですニコニコ

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ②】

についてお伝えさせていただきます。

 

前回はGI値についてお伝えさせていただきました。

引続き血糖値が上がりにくい食事の摂り方について

お伝えさせていただきます。

 

血糖値が上がりにくい食事の摂り方は

『食べる順番』にも影響があらわれます。

さて、どのような順番で食べたら効果的なのでしょうか?

 

GI値が低い食品から食べる!

これが効果的な食べ方になります。

例えば…

野菜は基本的にGI値が低いので最初に食べるようにします。

食物繊維には糖質の吸収を緩やかにする効果もあるのでより効果的です。

次に汁物(お味噌汁)、主食、ご飯の順番で食べる事で血糖値が急激に上げない食べ方の順番になります。

 

他には空腹状態で食事をする事で血糖値は急激に上昇します。

そのため、食事回数を増やすのがポイントとなります。

 

1日の食事量を何回かに分けて分散することで空腹の時間を作らないのが重要となります。

 

基本のリズムとしては朝昼晩しっかり3食食べる事

朝食後は3~4時間おきに食べるのが理想と言えます。

 

また、低血糖症の人は寝ている間に血糖値が安定せずに不眠を訴える事があります。

そのような場合には寝る前に少し食べるのが効果的です。

 

オススメはホットミルクをゆっくり15分くらいかけて飲むことです。

もしくは温かいスープを摂るのでも大丈夫です^^

 

 

是非、子分け食べを試してみてくださいね。

 

今回は【血糖値を上げない食べ方のコツ②】について

お伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

 

また来週の更新をお楽しみに~パー

以上、平井鍼灸院の岡崎でした^^

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。