【血糖値と脳の関係】 | 心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

こんにちは。

平井鍼灸院の岡崎ですニコニコ

今回は【血糖値と脳の関係】

についてお伝えさせていただきます。

 

低血糖とうつ病が関係性が深いのはご存じでしょうか?

血糖値が急激に上げると低血糖状態に陥ります。

低血糖状態になると自律神経のバランスが乱れ

結果として精神症状を誘発されます。

うつ症状や焦燥感、イライラ、不安感、恐怖感など

体には頭痛や動悸、手の痺れなどの症状もあらわれます

 

これらの症状を低血糖症と診断されることは稀で

ほとんどがうつ病と診断されているのが現状です。

 

血糖値の調整異常には副腎も関係していて

副腎はストレスによって最もダメージを受ける器官です

 

 

副腎からはストレスに抵抗するための

対ストレスホルモンを分泌しています。

ストレスが大きかったり、長く続くと

副腎はホルモンを作り続けて

繰り返し放出しなければならなくなります。

 

その結果、副腎は疲労してしまい

血糖値を上げる作用のあるホルモンの放出が十分に出来なくなる事で低血糖症の進行につながってしまいます。

 

副腎が疲労している人にあらわれる症状は

午前中の時間帯にうつ気味になる

強い疲労感を覚えるなどがあります。

また、ストレスに弱くなったりするのも特徴です。

 

知らず知らずのうちに疲労しやすい器官です。

急激な血糖値の上昇を促す食生活をしないように日々心がけていきましょう^^

 

今回は【血糖値と脳の関係】について

お伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

 

次回は【ヴェーガルブレーキ】について

お伝えさせていただきますね。

 

また来週の更新をお楽しみに~パー

以上、平井鍼灸院の岡崎でした^^

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。