【脳の栄養不足 亜鉛欠乏】 | 心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

こんにちは。

平井鍼灸院の岡崎ですニコニコ

【脳の栄養不足 亜鉛欠乏】について

お伝えさせていただきますね。

 

亜鉛欠乏は食生活に深い関わりがあります。

 

亜鉛欠乏になりやすい方は

・男性(精子に亜鉛が含まれるため)

・アルコールの摂取が多い方

・外食・加工食品が多い方

 

亜鉛はアルコールを分解する際に消費されるのと

加工食品は亜鉛の含有量が少ないため

必要な量を摂取できていないことから

亜鉛が欠乏してしまいますガーン

 

亜鉛の働きは

・身体の酸化を防ぐ

・低血糖症、糖尿病の予防

・アレルギーの抑制

・味覚、視覚、吸角の正常化

・食欲のコントロール

・脱毛を防ぐ

・前立腺障害を防ぐ

・妊娠の継続

・身体の成長を促す

 

亜鉛は年齢に関係なく必要な栄養素なのです。

亜鉛と鉄が含まれている食品は共通する物が多く

亜鉛と鉄は同時に欠乏する事が多くあるのも特徴の一つです。

 

亜鉛欠乏になると…

・味覚障害

・味覚鈍麻

・免疫力の低下

・風邪を引きやすい

・肌がカサカサに荒れる

・アトピー性皮膚炎

・傷の治りが遅い

・爪に白い斑点がある

・低身長

・低血糖症

などの症状が出てきます。

 

 

年代や性別によって出てくる症状は少し変わりますが

特に気を付けていただきたいのが低血糖症です。

 

亜鉛は血糖値を下げる

インスリンの分泌を調整する役割をしています。

 

そのため、亜鉛が不足すると

インスリンが出にくくなったり

出過ぎてしまったりします。

 

結果、血糖値のコントロールが

乱れ自律神経が乱れることで

同時に食欲のコントロールも乱れてしまいます。

 

摂食障害でお悩みの方の半数以上が

亜鉛欠乏だったデータも報告されています。

 

亜鉛を多く含んでいる

かき、かに、牛ひき肉、チーズなどを積極的に摂っていきましょう。

 

参考にしてみてくださいねニコニコ

 

さて、今回は【脳の栄養不足 鉄欠乏】について

お伝えさせていただきましたがいかがでしたか?

次回は【脳の栄養不足 ビタミンB群欠乏】について

お伝えさせていただきますね。

 

また来週の更新をお楽しみに~パー

以上、平井鍼灸院の岡崎でした^^

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。