京都で訪問医療を行っている渡辺西賀茂診療所。診療所には、訪問診療を行う医師、訪問看護師、ヘルパー、ケアマネージャーたちが在籍し、病気やけがで通院が困難な人、退院後も継続して治療が必要な人、自宅での終末医療を望む人たちの自宅を訪問して医療を行っています。「死ぬ前に家族と潮干狩りに行きたい」「ディズニーランドに行きたい」といった患者の最期の望みを叶えよう、時には我儘、無理難題の嫌がらせのようにしか思われないような患者の要求に寄り添おうと奮闘する診療所のスタッフの姿を通して、終末期のあり方を考えるノンフィクション。

 

渡辺西賀茂診療所の活動を描きつつ、その取材の中で知り合った訪問看護師、森山文則に癌が判明しその人生を終えるまでの過程、そして、著者が身近に経験した"死"について描かれています。

 

今、この世に生きている全ての人の人生の先にあるものが"死"。そこに至るまでの過程や、その時期については、かなり個人差があるわけですが、いずれにしても、人生の最期にあるものが"死"であることは明確ですし、「全ての人間はいつか死ぬ」は、絶対に外れることのない予言です。

 

重い病気などで、余命を示されると、人生の終わりを意識せざるを得ないでしょうけれど、病気であろうと健康であろうと、明日の命が保障されていないことは変わりがないわけで、余命宣告でもされないと永遠に生きるつもりになってしまうことの方が本当は変なのかもしれません。

 

私自身は、これまでに何度か「このままでは命が危うい」と医師に言われた経験があり、死を考えたり、今、生きていることの不思議さについて考えたりということが日常的にあるのですが、本書のように、死に至る道のりについて具体的に書かれているものを読むと、いつか訪れる時のことを、より身に迫ったものとして実感させられます。読みながら、色々な場面で、「もし自分だったらどう受け止めるのだろう」「もし自分だったらどうするのだろう」と考えさせられました。

 

「人は生きたように死ぬ」という言葉にハッとさせられました。

 

死ぬために生きるというのではなく、最期の瞬間までしっかりと生きて死を迎えたいものです。幸せな死に向かってできる準備はしていきたい気もするのですが、最期にある死は確実なものだとしても、そこに至る過程や、その時期がいつ来るかについて、正確に予測することは不可能でしょう。結局は、今をきちんと丁寧に生きていくしかないのかもしれません。

 

そして、思うような終末期を過ごすためには、ある程度の経済的基盤と運と覚悟が必要。それはそれで簡単なことではなさそうです。それでも、人の死が、生き残る誰かの力や希望になり得ることも描かれ、本書では、多くの死が描かれながらもどこか幸せな空気感が漂います。

 

もう、人生の折り返し地点を過ぎて一定の年数が経ちました。明らかに死が近づいている年齢を迎えて読むと尚更、自分のこととして考えさせられる部分が多かったです。

 

いつか死ぬ私たちにとって、読んでおきたい一冊です。

 

 

 

集英社インターナショナル公式サイト内

エンド・オブ・ライフ | 集英社インターナショナル 公式サイト (shueisha-int.co.jp)