硫黄島からの手紙

テーマ:

十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。


日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦ったか。そして、いかに、自分たちの力を最大限に発揮したか。「世界を知らない」と言われるアメリカ人による製作ではありますが、見事に日本の視点から描くことができているように思えました。


そして、一方で、日本が何故戦争に敗れたか、その原因のいくつかが本作に描かれているエピソードから見えてきます。将校にさえ本当の情報を示そうとしない大本営、味方の兵力への過大評価と敵の戦力への過小評価、都合が良すぎる戦況の予測、振りかざされる根拠のない精神論、内部での意思の不統一...。


生きて帰れないと分かっていて、それでも、必死の思いで戦っている。しかも、大本営からは見捨てられたような状況の中で、持っている力以上に頑張っている兵士たち。その戦いの中の経験から、彼らは、日本に勝利がないことは悟っていたかもしれません。それでも、硫黄島を死守することが、日本のために、日本に残してきた家族のために役に立つのだと信じて、一生懸命に信じようとして命をかけたのでしょう。その哀しみが胸をうちました。


栗林中将は、傑出した軍人だったのだろうと思います。決して、精神論に偏ることなく、部下への愛情も持ちながら、しかし、作戦遂行の過程で冷徹に犠牲を計算する面も持ち...。そんな栗林中将を主人公に据えながらも、英雄に祭り上げるようなことはしていません。戦争を美化してはならないという製作者側の決意が窺われます。


特に印象的だったのが、アメリカ兵が投降した日本兵を銃殺するシーン。「世界の警察」を自負し、正義の味方のはずのアメリカが大人しくしている捕虜を正当な理由なく殺す場面を描いていることに、「本当は、戦争に正義も大義名分もないのだ」ということを描こうとする製作者の意図を感じます。


それにしても、と思います。他の将校に比べ敵味方の兵力について冷静な分析ができていた様子の栗林中将やバロン西。他にも、本気で日本の勝利を信じていた人ばかりではなかったはず。もし、この戦いで、命を賭けて、知力の限りを尽くして、これだけの功績を挙げることができたのだとしたら、その力を、その命を、日本があの戦争に突入することを防ぐことに使えなかったのか...。


もちろん、難しかったのだと思います。国全体がある方向に向かおうとする時、その流れを堰き止めることなど、個人の力をはるかに超えるものではあるでしょう。それであれば、個人としてできる最善のこと、それも、特に力のある人物であればこそできたことが最善の戦果を残すことにあったのだとは思います。けれど、そう思いながらも、なお、これだけの知恵と能力があった人なら...と思わずにはいられません。


本当なら、不本意な戦いに命を賭けるより、その戦いを防ぐことに命を賭けるべきではなかったのか?将来の日本において、どうすれば、戦うことでなく、戦いを避けることに力が注がれるようになるのか。これからの日本の行く末を考える時、そのことをきちんと考えるべきなのだと思います。



公式HP

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/



硫黄島からの手紙@映画生活
AD

コメント(20)