明るく爽やかな青春サーフィン映画です。


大洋、小林、田口の三人は、フツ~の高校1年生。高校生活はじめての夏休みを田口の別荘で過ごすつもりで湘南にやってくるのですが、海岸で別荘の鍵をなくしてしまい、別荘に入ることができなくなってしまいます。仕方なく浜辺で一夜を過ごした三人は、変なオジサンと出会い、彼らの夏休みは思いもかけない方向に向かっていきます。


特別に新鮮味のある内容ではありません。スポ根あり、青春の悩みあり、恋あり、ケンカあり、失敗あり...のベタな青春映画です。全体的に深みに欠ける嫌いはありましたが、軽いタッチで爽やかにイマドキの高校生の姿が描かれ、すっきりと仕上がっていました。


それにしても、大洋たちにサーフィンの指導をする伝説のサーファー、デュークを演じる竹中直人は竹中直人。その存在感に救われた部分はあったと思います。もう少し、デュークと元妻、デュークと大洋の関係が丁寧に描かれていれば、作品の味わいにもっと深みが出たことでしょう。


美しい海の映像は、良かったです。空の青さ、エメラルドのような海の色は見事でしたが、内容的には、子ども向きの作品のような印象が拭えませんでした。でも、まぁ、それだからこそ、「青春」なのでしょうね。


公式HP

http://www.catch-a-wave.net




キャッチ ア ウェーブ@映画生活