あなたはコーラ派?ペプシ派?投資の観点から見てみよう。

 

景気後退局面で強い。(かもしれない。)食料品、消費財。

 

コーラとペプシを比較しようと思う。

 

◆コーラとペプシの財務諸表10年分

ポイントをピックアップして整理すると下記のようになる。

 

コーラ

 売上減少

 純利益率20.2%

 配当1.56%

 配当性向221%

 負債比率1.49

 自社株買い7.6%

 

ペプシ

 売上増加

 純利益率19.35%

 配当3.59%

 配当性向99.6%

 負債比率1.95

 自社株買い10.1%

 

純利益率は、ほぼ変わらないが、売上の増加と減少で明暗が分かれている。負債比率で見ると純資産はコーラの方が多く、まだ体力はある状態だが、コーラの配当性向は200%を超えており、かなり無理をしている状況に見える。

 

自社株買いについては、配当利回りが高いペプシの方が自社株買いをするインセンティブが働くのか、少し多くなっている。


もう少し詳しく見ると、コーラは近年、販管費を削減し、利益を確保しようとしており、危機感を持っていることが伺える。

 

この情報だけで、どっちの株が魅力的か決まったように感じるが、

もう少し詳しく見ていこう。

 

◆コーラとペプシの効率性(CCCについて)

効率性の観点から見ると下記の通り。

 

キャッシュコンバージョンサイクル(CCC)については、

こちらで詳しく記事を書いているので詳細はこちらを見て欲しい。

 

売上債権回転日数 

 40.46 > 33.97 ペプシ勝利

棚卸資産回転日数 

 84.06 > 37.73  ペプシ勝利

仕入債権回転日数

 74.21 < 86.59  ペプシ勝利

キャッシュコンバージョンサイクル

 50.31 > -14.89  ペプシ勝利

 

ちょっと大げさにペプシの勝ちをアピールして見たが、一番重要なのは最後のキャッシュコンバージョンサイクル。ここがマイナスというのは、大きい。(最近、支払いを伸ばしているようなので、下請けが困っていないか気になるが…)仕入れの支払いを終える前に売上が入ってくるため、事業拡大に有利に働くし、景気後退局面でも手元のキャッシュに困って黒字倒産するような心配が少ない。

 

もう一点、ここで強調しておきたいのは、

回転日数が

コーラは上下に変動しているが、

ペプシには揺らぎがないという点。

これはサプライチェーンマネジメントの勝利だと思う。

 

個人的には、ここの美しさが経営力を表していると考えていて非常に注目している。

 

コーラとペプシを同列に語るのが失礼なぐらい、圧倒的にペプシの方が研ぎ澄まされた効率的な経営をしているように見える。サプライチェーンマネジメントは自社の管理だけでなく、供給先のサプライヤーを巻き込んで改善する必要があり、一朝一夕で改善できるものではない。数年単位の積上げでやっと改善するものである。この差は圧倒的だと考える。

 

ペプシはM&AでLay'sというスナック菓子を買収していて、現在、ペプシの売上はスナック菓子が半分を占めているため、扱う商品の違いが影響している可能性もあります。

 

ペプシを高評価しているが、リスクはあります。スナック菓子等の事業にも進出しているためコーラに比べるとペプシは異常気象などの天候に左右されやすいリスクがあります。

 

これは逆の見方をすると、コーラには改善余地が残されている状態で高い利益率を確保できているので伸びしろがあると見る事もできる。

 

(まとめ)

コーラとペプシは同列に見られがちだが、

事業も少し違うし、経営の状態も違う。

 

経営状態を把握せず、

バフェット銘柄だからといって

なんとなくコーラ株をポートフォリオに入れている人は

情報弱者だと思うし、

投資家として、その人の言う事を信頼できない。

 

取り敢えずコーラ株を買おうと考えている人は、

一考しても良いんじゃないかなーと個人的には思う。

 

減配を心配しながら、コーラに乾杯。

グットラック。

 

でも、コーラを飲む時はコカコーラ派です。

 

これは株価を保証するものではありません。

情報に誤りがある可能性があります。

全体の市況や詳細な4半期の業績や株価の過熱感等を見て判断し

投資は個人の責任で行ってください。

 

(補足1)

Lay'sというスナック菓子。これが美味しくて、海外にいた時は、カルビーのポテトチップス替わりによく食べてました。

 

(補足2)

気になってCRMのソフトウェアは何を使っているか調べてみたのだが、どちらもSAP(HANA)を使っている様子。導入時期に違いはあるみたいだけど、何がこれほどにサプライチェーンの明暗を分けているのだろうか・・・

 

「いいね&フォロー」でやる気がでます。

Twitterもフォローしてね。

フォローしてね