2008年11月03日(月)

#15 ZEEBRA 20th ANNIV. THE LIVE ANIMAL in 武道館

テーマ:Live
Q-Tip「The Renaissance」のReview書くよりも先にやっぱり。

まぁ、アメブロ内でも、既に多くのArtist&関係者のblogで触れられてますし(そこでもまた改めて客演の多さを実感しますね)、AmebreakなんかではLive ReportもきっとすぐにUpされるでしょうし、当日の模様を収めたDVDも発売されるでしょうし、ボクみたいな単なるヘッポコリスナーなんかが何かを書くこともない……



んだろうが、もう、ただの一Hip Hopファンとして書き残しておくよ!



あまりの曲の多さに順番とか間違ってるだろうけど書いちゃうよ!
全部が全部には触れられないけど思いつく限り書いちゃうよ!
そもそも記憶だけが頼りだから間違いもあるだろうけど書いちゃうよ!
あまりにも興奮したからまとまった文章に出来ないよ!
だから箇条書き風に書いちゃうよ!
なお、敬称略で失礼します。



・開演前に会場で流れていたのはDJ KEN-BOの最新Mix CD「Let's Get It On」だと、入って5分で気が付いた当日の同行者Bossyは流石。

・今までのPVやLiveの映像がスクリーンで流れる中、宇宙ロケット発射前のようなスペーシーなナレーションに続いて、5秒前のカウントダウンから……

・ほぼ定刻スタートとなった開演、ド派手な衣装で登場したZEEBRA、まずは"Let's Get It Started"でStart(ちなみにSwizzは来ませんでした)。"Supatech"や"MR.DYNAMITE"辺りの比較的新し目のアッパー曲を矢継ぎ早に繰り出す。早めに投入された"Parteechecka"でクソ盛り上がる。

・事前の告知通り、Guestは超盛り沢山。のっけから豪華ダンサー陣の皆さんが盛り上げれば、客演Artistも続々と登場。最終的に総計何人の人がステージ上に登場したのだろう……。

・feat.陣で1番手の登場となったSimon & D.O."Reason"に食らう。

・Mummy-Dとの"末期症状"→"アイスピック"→"Mastermind"の怒涛の3連チャンに泣く。

・"I'm Still No.1"はIntroのみで、すかさず、舞台に登場したTony TouchとのNumero Uno Re-recording Remixへ。Rock Steady CrewのCrazy Legsも登場。

・「この武道館公演は俺だけのもんじゃなくてお前らのもんであるんだぜ」的なZEEBRAの発言(確か)を受けてのDABOとの"The World is Yours"に染み入る。

・「ここいらで女の子向けの曲も」で始まったfeat.Sphere of Influence & May Jの"Shinin' Like A Diamond"の煌びやかさとお客さんの盛り上がりに圧倒されつつ、May Jの尋常じゃないカワイさにも激しく食らう。

・DJ KEN-BOと組んでの第1部は19時40分終了。すごいな、この時点で1時間半ぶっ放しだもんな。"My People"終わりで紹介されたUBGの面々が登場し、"Never Enuff"を挟んで怒涛の"UBG Ain't Notin' To Fxxk With"へ。途中VERBALも応援参加し、第2部後半戦までの間を盛り上げる。

・その後、スクリーンにはリレー形式のお祝いビデオメッセージが。RYO the Skywalker、EXILEのHIRO、ムッシュかまやつ(!)、魔裟斗、有田哲平、MARIE、安室奈美恵と、そりゃ豪華なもんでした(と、この時点で安室ちゃんが来ないのだと今さら気が付く)。そう言えば、武道館入り口にはタモリや北野武からの花も届いてたっけ。

・20時10分から再開したLive。DJはここからJr.へチェンジ。ZEEBRAも衣装を黒ずくめのスーツ姿でビシっときめ、セットもガラリと変えての生音仕様。レゲエ畑のBREDRENのバンド・メンバーやBack Vo.(NaNa&Foxxi misQのCHIE)を従えての圧巻のステージは"Touch The Sky"から。

・Fire Ballとの"burnitup"が始まった瞬間、前方のお客さんが着火ライターして即行で係の人に止められていたけど、その盛り上がりを止めることは出来ず。

・ストリングス隊が参加しての"Wildin'"だったか、"Stop Playin' A Wall"のHouse Ver.とでも言うべき仕様に激しく食らう(と、食らったくせに記憶曖昧と言う……)。

・ステージ上の階段に座りながら歌う"結婚の理想と現実"で、最後にK-Dubが登場→そのままギドラメドレー?とか勘繰りましたけど、予想はサクリと外れました。

・しかし、武道館で奥さんに歌う"Perfect Queen"って、すごいよなぁ。生音Ver.の"未来の鍵"を聞いたお子さん達も幸せだよなぁ。と全く関係ないボクがなぜかウルっとくる。

・その"Perfect Queen"でのhookのヴォコーダー部分、ZEEBRA氏自らがヴォコーダーで"I Wannat Be Your Ma~n♪"と歌い上げる。すげぇ上手くて食らう。

・最後の"Last Song"、ものっそい感動した。最後の最後のhookに入る前の10秒ほどの無音の間、スポットライトを全身に浴びるZEEBRAがあまりにもかっこよ過ぎて震えた。

・しかし、もっともっと震えたのは、この後のアンコール。Introが流れた時点で死にそうでした。Introの2枚使いが流れる中、暗がりから続々と登場する男達。スポットライトに照らされるDJ YAS。うぉぉぉぉぉぉぉ……



生"証言"キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!



残念ながらD.L.だけは不参加でしたが、YOU THE ROCK★は"空に聳える~"Ver.を披露してくれちゃったし(DVD化の時にはどうなるのだろう?)、Twigyもしっかりといるし、何より全員非常にRapがキレてた。死ぬ。やヴぁ過ぎて死ぬ。DVDが出たら100回は見る。

・で、"Jackin' 4 Beats"、本邦・生初披露!予想では、"Jackin' 4 Beats"→途中から"証言"でしたが、こうきましたか。



・で、最後の最後、"Street Dreams"で誇り高き日本人の皆様はワー!って声あげてました。ヘタレですが小さな誇りぐらいは持ってるボクも大絶叫。

・そんな3時間半、2列前のプルカツの尋常じゃない盛り上がりと動き、叫び、トイレに行く回数の多さに圧倒される。



若手のSimonを真っ先に登場させたり、May Jに「いつかここでLiveやれよ」的な発言をしたり、"My People"後にUBGの面々を紹介したり、FireballやJesse(RIZE)なんかのジャンルを越えたArtist、もちろんダンサーさん達も含め、なんつーかこう、「みんなでこの武道館!」みたいな姿勢がヒシヒシと感じられましたね(1部の衣装はPhenomenon提供だったわけですが、しっかりとOsumiらの名前もShoutしてましたし)。かっこいいなぁ。

ダメダメなことにRhymesterの武道館公演にイッてないボクなので、それとの比較と言うか、感じ方の違いみたいなもんは何にも言えないのですが、昨日は本当にお腹一杯でした。と言うか、なんか、素敵なモノを胸に残してくれました。ありがとう、ZEEBRA。



……と言う感動のLiveの余韻を、Bossyとラーメンすすりながらあーでもないこーでもないと語り合い、そのまま麻布十番のシャレオツなbarでDJのナリトライダーくんと合流し3人で飲み、バーテンの女の子に見とれた後は、99に出演の二人と別れ、六本木A.Iで開かれたAfter Partyへ参戦。

Tony TouchやBobbitoに拙い英語でコンチハしてみたり、加藤ミリア嬢を関係者に紹介して頂いたり、と言うまったくもってタダのミーハーっぷりを発揮してたら、今まで見たことのないようなデルモ風美女に思いっきりヒールで足を踏まれましたが、笑顔で「全然大丈夫です」と大人の対応。好きになりそうだった。いいオイニーだった。

蕎麦屋で梅酒を傾けながら、レコード会社の方と朝まで武道館談義をした後は、なぜかタクシーで会社に行き、仮眠室で寝て、昼に起きて仕事し夕方帰宅。すかさず法事的な親族の食事会に参加し、今に至る、と。うん、非常に疲れた……。



ので、明日は、「ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE」を読みながらのんびりと体力を回復させることとします。だって、今度の金曜日は……



2週連続の武道館、生Perfumeダモ━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!!!



の前に、4日火曜日は「GOOD ENOUGH」@渋谷VUENOSに遊びに行かせて頂きます。

DJ YAZ&DJ KAZUYA両氏の新作Mix CDリリースParty、お二人には、お祝いテキーラを振舞わせて頂きます。絶対に飲んでね(はぁと)。

DJ KAZUYA / URBAN JAM -All 2008 Hot R&B And Hip Hop Tracks-



DJ YAZ / THE SAGA CONTINUES VOL.2





PS
CD「The Anthology」とDVD「The Clips-Complete Collection-」を買ったらもらえたトレーデインング・チケット2種類と交換でゲット出来た「ZEEBRA20周年記念完全非売品プレミアム・シングル・CD」のタイトルは"Number One Fan"。





ほっこりとしたTrack上で、20年マイクを持ち続けた想いが日本語半分英語半分で紡ぎ出されています。



PS2
昨日、A.Iで会った音も達から聞いた話。

音も達「上地雄輔の"ひまわり"って曲、知ってます?」
32「うん、もちろん全然知らない」
音も達「Youtubeとかで探してみて下さい、フフフ……」



……ん!?このドラムってImpeachじゃね!?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

32さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。