先月27日夜 静功を始めると

下右竅のあたりに 神経の痛みが始まりました。

痛みはだんだんと 強くなりましたが

なんとか我慢し30分 の修練を終えました。

その夜 いつもは直ぐに 寝付くのに なかなか眠れません。

次の朝 目覚ましより30分早く 痛みで 目が覚めました。

「早く起きろ」と言うことかと思い 起きて修練を始めました。

が 「痛い」「痛い」激痛で おまけにけいれんも出てきたので

功法有無1のみの修練しかできませんでした。

午前中 家事も何もできなく 「戻戻止痛」を下右竅に当て 

「体息」を聞きながら 横になりひたすら我慢していました。

講座の前でもないのに どうしてこんな痛みが出るんかな…?

何もできない自分が 情けないなー………………。

でもいつかは 治まるやろうと期待して 耐えてました。

午後には 少しずつ痛みが 治まり 一通りの家事ができました。

「あー良かった」。 

痛みがなくなったのは夜でした。

無事 28日子時接功静功をすることができました。

今回の 痛みは 亀爺先生が

「功法有無む・ひと」の録音教材を作っておられたので

好転反応があったんですね。

babatanuki先生のブログで わかりました。

改めて 私は 「日の本元極」と繋がっていると実感しました。

ありがとうございます。


 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ  

↑ブログランキングに参加中です。↑
1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。