名古屋講座 2

テーマ:
修練終了後 貫頂・帯功を受ける時

前例中央 亀爺先生の真正面に席を いただきました。

部屋が狭いので 先生との距離は2メートル程です。

帯功が始まると 私の身体が 後ろに後ろにと傾きます。

なぜ? なんで? いつもの帯功と 違うのです。

姿勢を正そう 正そうとしても後ろへと押されるのです。

不思議な体感でした。

亀爺先生の強力なパワーが 私に届いていたのですね。

たくさんのエネルギーをありがとうございました。


 
 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ  

↑ブログランキングに参加中です。↑
1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。