しばらく、
検査結果の数値を
公表しておらず
すみませんでした。

これまで
体調には何の異変も
ありませんでしたが
CTを撮ると
乳房や肺に影が
映ることがあり
その度に医師には
検査をして、取れるなら
取りましょうと
言われてきました。

けれども
母くらいの年齢になれば
誰でも癌の
一つや二つはあります。
それにいつできたものかも
定かではありません。
また、悪さをするかどうかも
わかりません。

しばらく様子を見ようと
そのままにして
実際しばらくしても
大きくなる様子はないので 
何もせずに
ほかってあります。

母自身も医師に
検査をして手術を!
と言われると不安になり
悩みました。
私もです。
でも、そのたびに
先生方からアドバイスや 
励ましをいただきました。
そして
身体が回復できたのは
この功法のおかげだ、
と功法の力を信じて 
不安を乗り越えてきました。


西洋医学的には
ほかってありますが
元極功法の修錬は
毎日続けていますし
月に二回は先生より
直接貫頂を受け、
二回は遠隔で受けていますので
無治療ということでは
ありません。

むしろ積極的に
自分の治癒力を高めようと
努力しています。

以前は
二か月とか三カ月に一回
病院を受診して
検査をしていたのですが
どんな結果が出ても
もう手術はしない、と
元極功法だけでいこう、
と家族で決めたので
検査は年に二回になりました。


膵頭十二指腸切除
という大手術をして
膵臓だけでなく、
十二指腸、小腸の一部、胆嚢
腹膜等を取り去り
これ以上の手術は
身体に負担が大き過ぎます。

手術をすれば
また、体内が傷つき
体力が落ち、今のような生活は
できなくなってしまいます。

したがって昨年の検査も
二回でした。
以下が腫瘍マーカーの数値です。

平成29年2月3日

CEA    2.0    基準値5.0以下
CA19-9    17.7   基準37未満

8月4日

CEA   1.7
CA19-9    16.2

これ以外の項目の数値も
大半が正常値です。

ちなみに膵臓の一部がなく
薬も何も飲んでいないですが
血糖値は以下の通りです。

2月3日   101

 8月4日   97

不必要な検査は
身体を傷つけ、体力を奪い
余計な不安を
与えるだけですので
これでいいなと
思っています。 

修錬による好転反応は
相変わらず激しいですが 
そのおかげで
癌細胞が悪さをしないで
済んでいるので 
我慢して乗り越えています。

抗がん剤の副作用は
長ーく続き、
身体を痛めつけますが
好転反応は
いつか終わりますし
終わった後は
以前よりも良い状態に
なっています。


毎日コツコツと、
家事、畑仕事、修錬を続けて
これからも
ますます元気に
なってほしいと願っています。



 にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ  

↑ブログランキングに参加中です。↑

1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。 


{9DAB72E8-993F-41BB-8841-BBA9AD4E007A}