2013年1月に腹痛、黄疸により入院、膵臓がんと診断

「膵頭十二指腸切除」の手術

病理検査の結果 リンパに転移、ステージⅣaと診断

2013年3月に日之本元極気功を初めて受講

 

母は、治りたい一心で

抗がん剤も気功も

やることになりましたが

それはとても矛盾したことでした。

 

こうして母は

抗がん剤を始めることになりました。

それ以上

私は母に抗がん剤をやめるようには

言いませんでした。

母が決めたのなら

仕方ないと私はあきらめました。

 

けれども

私にできることはすべてやり

母の抗がん剤の副作用を

少しでも少なくするために

できることはすべてしようと決心しました。

 

母が受講した講座は

戻戻止痛(れいれいしつう)のみです。

これは

入門講座を受講していなくても

誰でも受けられますが

これだけでは

体に十分な気を取り入れることも

邪気を排出することもできません。

 

ですから、まず、

初めての方のために設定されている

「階む敲門講座」を受講してもらうことにしました。

 

手術を2月中旬に行い

3月上旬に退院

4月から抗がん剤というスケジュールが

すでに決まっていましたので

抗がん剤を始める前の入門は

叶いませんでした。

入門前にすでに母は抗がん剤を飲み始めました。

 

  

↑ランキングに参加しています。

 1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。