功法有無の担当の神へ 2 | 超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 

超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 

日之本元極功法によって開発される数々の潜在能力の不思議や、功法の原理とやり方などのご紹介をしていきます。シグマDP2Merrill(メリル)、オリンパスstylus1、sony α6500 、sony RX100Ⅳで撮った素人写真もお楽しみ下さい。


テーマ:

段階的に、まずレベル1とレベル2のバージョンアップをしてから、

功法有無レベル3を公開した方が良いのでは無いか?

功法有無を担当する神々に聞いてみました。

----------------------------
もう少し 公開を先送りにして、先に録音教材を改め、
改良を加えて作成した方が順序として正しいと思います。

すでに、録音教材のバージョンアップを待ち侘びている者たちがいます。
そして、功法有無の修練をすでに飽きてしまって放置している者がおります。
その者たちにも、修練を再開させることだと思います。

あまりにも動作が、多くて立ち続けて、時間も長いので、

功法有無の修練をしない者たちが増えてきました。

公開の当初は、効果があるからということで修練をしていたにもかかわらず、
修練の最初の約束事として位置づけて

「有形と無形をつなぎ合わせる」功法であると分かっていても、
それだけで終わってしまう者たちもいます。

この功法の大きな役割の一つは、
次の功法につながるための

「有形と無形をつなぎ合わせていく」功法である

ということも置き去りにして、
修練に飽きてしまって、しない者が増えてきました。

また、有難味がないという点でも同じ事が言えます。
身体に不自由を感じない若者たちや、比較的に若い年代の者たちは、
有形と無形をつなぐ細かい手足の動きをする動作など、

あまり重要視できないのです。

動作からすれば、

年齢の高い者たちの功法であると思ってしまいます。

まず、修練を開始するときに手始めとして、

功法有無の修練をしてから、
他の修練をするという導入部の修練としてどうかと考えるときに、
多くの動作があり、短時間で出来る功法であること。
さらに、功法としてのレベルが高ければ、

飽きること無く有効な修練が出来たと実感できるはずです。

例に挙げるならば、「清昇濁降」は、

その効力が具体的に実感できるので、
毎日の修練のメニューに入れている者が多いのです。
修練時間が短いことも、修練メニューに入れる要素となります。

功法有無の修練時間をもっと短くして、

功法の修練の成果が実感できるほどにバージョンを上げるならば、
毎日の修練のメニューの中に積極的に組み込むことの出来る

有意義な功法となることでしょう。
----------------------------

 

 

 

 

 

 

1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

かめ爺さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります