巨匠ピカソ展(2) 国立新美術館、サントリー美術館、名古屋市美術館 | 超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 

超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 

日之本元極功法によって開発される数々の潜在能力の不思議や、功法の原理とやり方などのご紹介をしていきます。sony α6500 、sony RX100Ⅳ,
sony RX100Ⅵで撮った素人写真もお楽しみ下さい。


テーマ:

先回、ピカソ作「人形を抱くマヤ」について少しお話ししました。
今回は、「絵を描くということ」について、パブロ・ピカソさんから直接お話ししていただきましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ピカソです。
唐突ですが、エネルギーのやりとりが存在しているからこそ、絵を描くということが成り立ちます。逆に言えば、絵を描くということの上には必ずといってエネルギーのやりとりが存在するのです。エネルギーのあるモノを写して描く。うつしてかく。その行為は、相手のエネルギーを自分を通じて、画面に移すという行為です。さらに、自分の情念をそこに、思い描いて描く。相手の姿、形、その形状だけではなく、相手の持っている「生々しい生き様」、「思い」―― それも自分の情念に乗せて描く、という行為です。

それは、懸命に自分の思いを描きつづけることです。思いを届け、エネルギーのほとばしるほどの思いをその画面に残す作業が、絵を描くという行為です。絵を描くという行為は、単なる移して描くということではありません。被写体から得た状況、情報、内からの情報をどれだけ感じ取って、そのあとに、キャンパスに思い(情念)を写し取るのです。まず、被写体から感動すること、感激すること、心が動くこと、ある思いを持つこと、そこから絵を描く行為が始まります。 (続く)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今、国内三カ所でピカソの展覧会を開催しています。

巨匠ピカソ愛と創造の奇跡    国立新美術館    ~12/14
巨匠ピカソ魂のポートレート    サントリー美術館   ~12/14
ピカソとクレーの生きた時代展 名古屋市美術館   ~12/23

国立新美術館 ピカソ 気功 日之本元極
黒川紀章氏設計 国立新美術館
国立新美術館 ピカソ 気功 日之本元極

[ピカソ展] ブログ村キーワード



携帯からは →→→ こちら

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 自然科学ブログランキングへ FC2ブログランキングへ
     ↑ブログランキングに参加中です。↑
1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。



かめ爺さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります