人間の肺は、右は三つに、左肺は二つに分かれています。どうして非対称なのでしょうか?
察するところあまりあるが如く、五つの場所は、別個に働いています。それぞれの働く役割が違っているのです。

肺が働きによって五葉に分かれている、このことを厳密に言えば、働きは七つに分かれているとしなければいけません。血管の存在する部分は、また別の存在なのです。動脈系と静脈系の二つです。

心臓から送り込まれた血液を肺に循環させて、酸素を供給する働きがあることは、明白な事実です。これに異存はないでしょう。

けれども、本来の肺の仕事はそれだけではなく、別の仕事も受け持っています。
他の臓器、例えば肝臓の補助的な役割もしています。汚れを肺から息で、排泄する機能です。これは肝臓の持つ解毒・排泄作用の代行です。肺そのもの全体が、受け持っていますが、特に右肺の上葉がその機能を受け持っています。(つづく)


病気と気功 気功教室日之本元極 見えない力で不思議に元気-元極 気功 伝統 功法 見守る

写真をクリックすると、大きくしてご覧になれます。

HP病気と気功体験データベース


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ FC2 Blog 健康 Rankingへ
↑ブログランキングに参加中です。↑
1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。


携帯からは →→→ こちら