菅官房長官を少し疑ってみる | 同 床 異 夢

同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部


テーマ:

 安倍内閣を安定的に支えているのが官房長官だと言われている。

また、菅さんは保守層からも人気がある。

 

       にほんブログ村 にほんブログ村へ
人気ブログランキング          にほんブログ村

 

 私も、菅さんが頭師さんの応援に姫路に来たときに

握手をしてもらい喜んだ一人だ。

しかし、ここ数年は彼の発言に疑問を持つようになった。

  (平成26年12月 姫路駅前にやってきた管官房長官)

 

 記者会見で望月いそ子とのやり取りがネットでよく取り上げられて

「耐える管官房長官」

といった印象をネット界隈の人達は持っていると思う。

 

しかし、管長官は今までマスコミに叩かれたことがない。

安倍さんに近い人は、散々叩かれてきたことを少し思い出してもらいたい。

 

最近では萩生田議員、稲田朋美議員、甘利あきら元大臣、麻生大臣などなど

安倍さんと考えの近い人はことごとく、メディアの的になっているのに

菅さんだけは攻撃されないのは、なぜだろうか?

 

 そして、官房長官としては珍しい、訪米を9日から行っている。

一体何のために・・・

新聞社は「管官房長官 外交デビュー」などの見出しをつけている。

 

菅官房長官、米で外交デビュー 「ポスト安倍」臆測も(5月10日 日経新聞)

 

「拉致担当大臣としてでは?」という意見もあるが、であるなら「外交デビュー」

という見出しはつけないだろう。

 

恐らく次の総理大臣になるということで、顔見せに行ったと考えられる。

次の総理になるかもしれない人が、実は安倍政権でこんな発言をしている。

 

女性宮家の創設を含めた安定的な皇位継承について

「(新天皇が)即位された後、そんなに時間を待たないで

(行う)と考えている」

安定継承の議論「即位後、時間待たずに」 菅官房長官が答弁 (3月18日 毎日新聞)

 

 悠仁親王殿下がいらっしゃるので、急ぐ必要はなく、じっくり議論すればよいはず。

なぜ急ぐのか?つい先日に起きた、悠仁親王殿下の机の上に刃物が置かれていたのも

この件と関係していると私は思っている。

 

皇室典範や皇位継承の話は、違う機会に行いたいと考えている。

話を戻すと・・・

 

4月から入管法が改正されたが、これを推し進めていたのも管長官である。

入管法改正は、簡単にいうと移民受入拡大法案である。

 

ご自身のブログ

「意志あれば道あり・・・衆議委員議員 すが義偉 オフィシャルブログ」で

人手不足:専門性を持つ外国人材を受入れへ(平成30年7月)

外国人材受け入れ:安心で安全な社会を実現(1月12日)

など、移民に前向きなことを主張されている。

 

また移民に関連すると、アイヌ新法なども推進している。

共生社会:アイヌの方々の名誉と尊厳を保持(3月9日)

 

私はかつて「アイヌは先住民ではない」と言ってきた。

そして、その利権を利用している人やバックに中国共産党がいることなどを

説明した。詳しくはこちら↓

文科省の異常な教科書検定とアイヌ問題は繋がっている(4月29日 同床異夢)

そういう事に荷担しているように思える。

 

この他にも、カジノ導入のIR法案に肯定的だったり、

水道民営化などにも積極的だった。

 

 これらの考え方をつなぎ合わせると・・・

EUやメルケルがドイツでやってきたことと、よく似ている。

基本は移民を受け入れて民営化し世界を平均化するグローバリズムである。

 

しかし、アメリカもEUも上手くいかず国民の不満が高まっている。

アメリカは、その裏返しでトランプ大統領が当選した。

 

そして、アメリカのメディアや日本のメディアは

未だにトランプ叩きを盛んに行っている。

 

つまり、メディアはグローバリスト達と繋がっている。

だから、管官房長官はメディアに叩かれない。

自分も仲間だからだ。

 

と、私は見ている。

 

(フランスの黄色いベスト運動も反グローバルを主張している)

 

菅さんがもし、次の総理になったら、もっとグローバル化が加速するだろう。

感じとしては、派手さはないが、小泉政権のような方向で政治を行うのでは

ないかと思う。

 

 人気を保つためにある程度の保守的な発言はするだろう。

例えば、拉致被害者奪還や防衛費増強などである。

防衛費を増強しても、アメリカから装備品の殆どを購入することになれば

あまり意味はない。

 

最近の安倍政権のおかしな動きは、影で管さんや二階さんが動いていて

外交だけを安倍総理にやらせているような気もする。

 

私のバカな憶測だったで済めばよいが、

「灯台もと暗し」のような気がしてならない。

 

皆さんはどのように思われますか?

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

ポチッと押していってくださいね。

 

     にほんブログ村 にほんブログ村へ
人気ブログランキング             にほんブログ村