野党もマスコミもバカというしかない | 同 床 異 夢

同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部


テーマ:

党首討論で安倍総理が

「今の党首討論という制度の歴史的意味は終えた」

と前回の枝野代表の発言を引用して切り返したら・・・

          ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング         にほんブログ村

 

マスコミは・・・

「枝野氏の質問をはぐらかし、捨てゼリフで逃げる安倍総理」

などと報道していた。

 

討論の意味を理解していない枝野。

6分間もアジ演説をおこなった枝野に対して、

マスコミの批判がないのは異常というしかない。

マスコミも「討論」の意味を理解していない。

 

※討論とは・・・事理をたずねきわめて論ずること。(広辞苑より)

 

つまり、疑問に思っている所を尋ねて、例えば法案の内容をより明確にさせるのが

党首討論というもの。また安部政権の方向性などを明確にすることも出来る。

 

しかし、野党がやっているのは安倍総理の悪口を言っているだけ。

バカ以外の言葉が思いつかないくらいバカな連中だ。

 

野党や日本のマスコミがバカにする安倍総理だが、またまた海外では高く評価されている。

オーストラリアで最も信用出来るリーダーランキングで安倍総理が2位にランクインした。

国自体も日本が2位に入っている。

 

日本が「信頼出来る国」第2位(共同通信)

 

このように、世界から信頼されたり影響力があると評価されている安倍総理だが

日本のマスコミは意図的にやっているのか、バカなのかわからないが

人を見る目がない無能人と言ってよい。

 

また、その報道に乗っかて

「安部は嘘つきだ!」

などと言っている人も同様。

 

私も安部政権を応援しているが、政策面では反対していることも沢山ある。

例えば、安部政権の経済政策には反対することが多い。

今回の働き方改革にも反対である。

 

だからとって、安部政権全体を否定していない。

安全保障や拉致問題という、今まで最も票田に繋がらないことを

安倍総理は真剣に取り組んでいる。

 

かつて、ここまで真剣に取り組んだ総理はいない。

憲法改正にしても、9条3項を付け足す案には反対だけど、

憲法を改正しようとする姿勢には敬意を表したい。

安倍総理でなければ、憲法改正は不可能だ。

 

この是々非々というのが、反安部の人達には理解できないようだ。

いや、反安部だけでなくて、安倍総理を応援している人も同じで

一度、応援したら批判してはいけないような事をいわれる。

 

こういう発想が全体主義に繋がり、独裁者を生み出すという危険性を

認識して貰いたいと思う。

 

駄目なところは駄目といい、よいところはどんどん応援する。

野党にこういう姿勢があるだろうか?

あえて言うなら、維新がそれに少し近いような気がする。

 

未だに、モリカケを持ち出している野党は法律の基本も理解していない。

安倍総理は何度も

「やっていない」「関係ない」

と言っているのに、

「否定しているところが怪しい、証拠を出せ!」

と1年半も言い続けている。

 

もし、これが裁判であれば、立証責任は野党側にある。

つまり「怪しい」と言っている人が証拠を出さなければならない。

裁判では証拠もないのに、被告には出来ない。

 

また、やっていないことを証明するのは不可能であるので、

そういうことを要求するのは禁じられている。

やっていないことを証明するのを「悪魔の証明」という。

つまり、不可能という意味だ。

 

それを延々と1年半もやっている国会、こんな事をやり続けて

一体国民にどんなメリットがあるのだろうか?

日本の未来にどんなメリットがあるのだろうか?

 

前々回の沖縄の所でも書いたが、リーダーがアホだったら

その責任を取るのは、その部下であるということを

有権者は理解しなければならない。

安倍政権が優れていても、周りがバカばっかりだと、どうにもならない。

 

船長が優秀でも、船員がコンパスも読めない、エンジンも動かせない、操舵も出来ない

という状況であれば、そこに乗船している乗客

が無事に目的地にたどり着ける確立は極端に低い。

 

日本は今そういう状況であることを多くの人に認識してもらいたい。

未来の子供達の日本が、せめて住みやすい国である環境を作るのが

有権者の義務である。

 

10年後、20年後の日本のことは現在の政治がもの凄く影響すると

認識してほしい。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

姫路空さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス