「セクハラ」という名の倒閣運動 | 同 床 異 夢

同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部


テーマ:

 財務省には、色々いいたこともあるが、この度のセクハラ疑惑を持たれている

福田事務次官には同情する。

       (辞任した福田淳一事務次官) 

 

これは、倒閣運動の一種であってテレ朝の言論テロと言ってもよい。

この問題が噴出したときは、既に福田氏は犯人のように扱われていた。

しかし、本人は否定している。

 

本人が否定しているにも関わらず、女性の意見は絶対的に正しいとするマスメディアや野党。

これは魔女狩りに等しい。

 

           ブログランキング・にほんブログ村へ         
人気ブログランキング         にほんブログ村

 

福田次官は『裁判で徹底的に戦う』と言っている。

つまりセクハラではないという自信を持っていることがうかがえる。

 

その発言があった直後に、テレ朝が「うちの記者です」と発表した。

恐らく、後ろめたいことがあるのだろう。

    (民進党の記者会見で既に名前が出てしまった)

 

そもそも、女性記者が被害者のように語られているが果たしてそうなのか?

「身の危険を感じた」

といいながら、福田次官と8回以上も会っている。

普通に考えて身の危険を感じる人と8回も会いますか?

 

本当にセクハラに遭っているのなら、隠し録音などせずにテーブルの上にレコーダーを置いて

インタビューすればよいと思うが、なぜしないのか?

また、誰かについてきてもらう事も出来るだろう。

 

個室で二人きりで会っているのならいざ知らず、バーか飲み屋かわからないが、

ざわついた所で、「セクハラ」と言っている所に無理があると思う。

 

また、公開された音声データを聞いた所、福田次官がテレ朝記者をあしらうために、

「キスさせてくれる」発言だったとも聞こえなくもない。

いずれにせよ、切り貼りされている音声データなので、証拠にもならない。

 

セクハラというのは

『タクシー内で、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなどの行為を行った』

こういうことを言うのだろう。

 

因みに、この話は実際にあったことで、それをやった人は立憲民主党の初鹿明博

この時、立憲民主党や希望の党の議員の態度はどうだったのだろうか?

 

   (国会審議もせずに 財務省に向かう野党議員達)

麻生財務大臣を攻めるように、初鹿議員にも迫ったのだろうか?

 

国会審議も休んでパフォーマンスに明け暮れる野党議員。

彼らの仕事は一体なんなのだろうか?

はっきりいって、バカとしか言い様がない。

こんな人達に我々の、苦労して稼いだ税金が使われていることにとても腹が立つ。

 

 アレ!?上の画像先頭にいるのは、麻生大臣を執拗に攻めている柚木道義議員では?

彼も「#ME TOO」って同僚議員におかまでもほられたのかな?

 (パフォーマンスに明け暮れる 希望の党 柚木道義)

 

こういう議員をみて、ジャーナリストの有本さんは・・・

と言っている。

 

恐らく、国会でまともな審議や議論が出来ないから、こういうことをするのだろう。

しかし、皆さんに考えてもらいたいのは、こんなことをしている時間は日本にないのだ。

 

憲法改正や放送法の見直し、北朝鮮、中国に関係する安全保障問題

原発などのエネルギー問題、科学技術者の育成や労働人口減少問題

審議することは山ほどある。

 

これらから、国民の目がそらされている。

スキャンダル報道を連発させて、日本の未来の安全保障にかかわることから

国民を遠ざけて、印象操作でもって安倍内閣の倒閣をもくろんでいる。

 

これが、反日勢力の行動パターンではないだろうか?

こういうバカな野党はともかく、反日メディアの策略にのらないようにしなければならない。

 

乗らないようにするにはどうするか?

朝日、毎日、神戸新聞は読まない買わない、週刊新潮、文春も買わない。

地上波のテレビは見ない。

反日番組のスポンサーについている企業の商品は買わない。

 

反日すると儲からないとなると、メディアや企業の考え方も変わっていくだろう。

それまで、日本が持つかどうか疑問だが・・・

2035年まで、そんなに時間はない。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

このまま野党は(維新は除く)国会を休んで帰ってくるな!

と思う人は、下のバナーをポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ        
    にほんブログ村            人気ブログランキング 

 

姫路空さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス