同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部


テーマ:

              (対潜が任務の護衛艦いずも)

海上自衛隊の護衛艦「いずも」が空母に改修か!というニュースが飛びこんできたが

本当なのだろうか?

 

            ブログランキング・にほんブログ村へ  

 人気ブログランキング       にほんブログ村

 

自衛隊に強くなってほしいと思っている国民にとっては、嬉しい話かもしれないが、

果たして現実的なのだろうか?を少し考えてみたい。

 

ソースとなったのは、産経新聞のこの記事

海自艦いずも「空母」へ改修 防衛省検討 最新鋭F35B搭載可能に(産経新聞 平成29年12月26日)

 

         (垂直離着陸が出来るF35B)

F-35Bは、短距離での離陸や垂直離着陸が出来る戦闘機で、米軍は海兵隊が導入している。

しかし、燃料が満タンでは垂直離着陸出来ない。また、その複雑な構造上搭載される武器に

制限がある。

 

いくら、垂直離着陸できても、自衛隊に必要な武器を搭載できなければ意味はない。

また、燃料搭載量にも制限があるのなら、どのくらい航続距離があるかの検討もしていない。

それらを検討もしないうちから、「いずも」を空母改修するというのは順番が逆である。

 

南西諸島の防衛に使用するというなら、宮古島の隣に伊良部島と下地島というのがあり、

そこには3000mの滑走路がある。

現在は、航空会社の練習用に使われているだけで、他の使い道が色々検討されている。

(3000mというのは、ジャンボジェットが離着陸出来る)

 

かつて、民主党政権の時に嘉手納基地をここに移そうと勝手に決めて、米軍や地元民から

大ひんしゅくをかった鳩山首相。

 

いずもを空母改修するくらいなら、この下地島を基地にする方が現実的ではないだろうか?

現在の空自の南西航空混成団は沖縄の那覇空港をベースにしている。

民間航空機と滑走路を共有しているのだ。

そのため、民間航空機が滑走路を使用していればスクランブル発進などに影響がある。

また、本当にあった話だが、旅客機が炎上して空港が閉鎖する自体が発生した。

こんな時に、スクランブルを要する事案が発生すれば、自衛隊は対応出来ない。

          (民間航空機と滑走路を共有している沖縄の空自)

こういうことを、総合的に考えた時「いずも」を空母に改修するのは現実的なのだろうか?

下地島を基地にすれば、F35Aの購入で済むし、兵器搭載もF35Bに比べて制限を受けない。

また、空自と海自の共同基地としての運営を考えると、予算にも自由度が増すのではないだろうか?(現在の予算では厳しいが、予算が増えれば可能となる)

 

「空母に改修」と見出しを付けた方が読者の興味を引くし、

かわぐちかいじのマンガ「空母いぶき」を現実であるかの如く見せて

関心を引こうとしている一種のお祭り的な要素があるのではないかと思われる。

この記事を書いた人は、「空母いぶき」の愛読者なのではないだろうか?

新聞読者が関心をもつことは大事だが、漫画の世界と現実をごっちゃにするのは

止めた方がよい。

この記事の最後にも小野寺防衛大臣

「防衛力のあり方は不断にさまざまな検討をしているが、F35Bの導入や、

いずも型護衛艦の改修に向けた具体的な検討は現在、行っていない

と発言されているので、この記事は眉唾で考えた方がよいだろう。

 

自分の気に入った情報だけを信じるのでは本質を見誤る恐れがある。

情報が錯綜している近年だからこそ、ニュースは一度立ち止まって冷静に考えてみる作業が

必要だと思う。

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

最後にポチッとお願いします。

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

姫路空さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。