小学生から英語が義務化? | 同 床 異 夢

同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部

小学の授業に英語が組み込まれるそうだ。

はっきり言ってばかげている。

こんなバカな教育を押し進めているのは、恐らく英語にコンプレックスを持っている大人だろう。
また、戦後の自虐史観により英語を使う白人(アングロサクソン)に憧れているバカな人達だろう。

ブログランキングに参加しているのでよかったらclickして下さいね。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

現在、日本のエリートと呼ばれる人に限って英語にコンプレックスを持っている気がする。
「英語を話せたらインテリで他の日本人より優越感に浸れる」そんな風に思っているのでは
ないだろうか?

誤解がないように言っておくが、職業で英語が必要な人もいる。
そんな人は英語を勉強すればよいし、英語を話す努力をすればよいと思う。
また、英語が得意でもひけらかさない人も沢山いる。

 地球上で英語を話す人口は3割程度だ。
それを「グローバル」の名の下に、英語が話せれば国際人を通り越して「グローバル人」
などと言っている人がいるが、グローバル人なんて地球上にいるのだろうか?
恐らく誰も見たことがないと思う。

要するにグローバルとはアングロサクソン化なのである。
「白人(アングロサクソン)はなんでも押しつける」
という批判を回避するために「グローバルスタンダード」という名称を作り
あたかも、それが世界の主流のように宣伝して、自分たちの都合のよいルールを作っているだけだ。
つまり迂回した押しつけなのである。
それに、嬉しそうに迎合しているのが日本のエリート達である。

「日本をバカにしているのか!」

と言いたくなる。
日本語というのは、ご先祖様が現在まで語り継いできた財産のようなものである。
日本語を使えばお年寄りから子供まで、北海道から沖縄まで少し難しい話でも理解出来る。
これが日本語の素晴らしい所なのだ。
近年、会社名もカタカナの社名が多くなったが、一体何をしている会社かわからない。
漢字表記なら何を取り扱っているか、容易に想像できるのに・・・

 小学から英語を教え出すと、日本語もまだ未熟な子供達の表現方法がいびつになり
子供達が何を考えているかがわかりにくくなるだろう。

「フィリピンをはじめアジアの学生達は英語が話せるのに、日本人は話せない!」

という人がいるが、これは日本人が劣っているからではない。
アジアの学生達が英語を話すのは、そうせざるを得ないからである。
なぜなら高等教育は英語でしか受けられないからだ。

それに引き替え日本は高等教育を日本語で受けることが出来る。
この差は大きい。

フィリッピンやマレーシアの学生は、高等教育を受けようと思うと留学しかないが
日本は留学をしなくても高等教育を受けることが出来る。
これは、先人達が努力して未来の日本人にもわかるようにしてくれたからである。
我々もその恩恵にあずかっている。

何事も自国語で理解した方が圧倒的に理解力が高まる。
こんなのは当たり前の話だが、それをわざわざ英語にして教えようとしているのが現在の教育界だ
現に国立大学の授業を英語で行っている。
「一体なんのために?」
と思うが、その理由を彼らは・・・
「グローバル人材の育成」「留学生と日本人を競わなければならないから」・・・

先ほども書いたが「グローバル人」などこの世に存在しない。
存在しない人材を育成するのが日本の教育界の使命らしい。
これこそ、無駄な税金の使い方に他ならない。
公共工事を税金の無駄遣いなどといってカットするなら
こちらをカットした方がよほど日本のためになる。

現在の60代以上の人は「奴隷根性丸出し」で米国に従属をしたいらしい。
個人的に従属したいなら好きにすればよいが、それを日本国の未来に影響のあるようなことは
やめてもらいたい。

そもそも、日本に来る留学生は日本に興味があってくるのであって、英語に興味があるのなら英語圏の国に留学するだろう。
それを、何か勘違いして東大の総長が入学式を英語で挨拶するという有様。
本当に情けないし、ご先祖に申し訳ない。

本来であれば、「この素晴らしい日本語を留学生に教えます。」

というのが国立大学の使命だろう。そしてそれに予算をつけるのが文科省だろう。
なぜ、アングロサクソンに従属するために、そして日本の文化を破壊するために我々の税金が
使われなければならないのだろうか?

どうして、大人達は白人の方が上だ、彼らの方が正しいと思っているのだろうか?

これが、まさしく自虐史観、洗脳政策である。
それにまんまとのっかって疑いを持たない、日本のエリート達。
英語の単語を覚える暇があるなら、俳句の一つでも読ませた方がよほど将来の為になる。
教育界の人は、将来の日本人のことをよく考えてもらいたい。

  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ