新基板_「M3_E基板」.....が... | ひのきの模型「お笑い」工房
2018-03-27 12:54:10

新基板_「M3_E基板」.....が...

テーマ:赤外線ユニット仕様書

在庫がなくなっていた「M3_BN車両基板」でしたが、2月に基板制作メーカーさんに50個発注しておりました。

 

もちろん、そのままではなくて、いろいろ仕様を変更しております。

 

で、

先日、メーカーさんより完成品の50個が送られてきました.......

それが....

 

まずは、新基板の写真から

 

え?

以前の基板とどこが違うんだって?

 

実は、基本性能は、前の「M3_BN基板」と同じにしてます。

プログラムも完全互換で、音源も同じです。

 

基板上で変更したのは、モータードライバーICを変更した事と、音源のICを取り外せるようにした事です。

見た目は、モータードライバーICを変更したせいで、モーターコネクタとリコイルサーボコネクタのピンの位置が変更になったことくらい。

 

変更したモータードライバーは、DRV8835という超小型のICで、基板の裏に張り付いてます。

2mm×3mmの小型サイズで、さらに1個のICでモーター2個(Max1.5A)まで制御できます。

写真で2個使っているのは、モーター4個動かしたいわけじゃなくて、2個のモーター出力を並列接続して1個のモーター制御にすると、Max3Aまで流せるという優れものなんです。

 

個人的には、このICを一年前からテスト的に使ってきて、たとえば昨年のホビーショウで動き続けていた路面電車のモーター制御用にも使っておりました。

 

私のオリジナルPWMモーター制御にも問題なく動作するし、小型だし、新基板にはこれを使おうと決めておりました。

 

ただ、あまりに小さいので、わたしの腕では直接ICを半田付けできませんww

(テストには、秋月等で売っているすでに基板に乗せたものを使っていました)

 

で、

新基板の二つ目の変更点は、

 

音源のICが取り外せる事.....

まぁ、これは単純に音源ICを直接基板半田付けせずに、PICマイコンのようにソケットに差し込むようにしただけですがw

 

何のために、音源ICが取り外せるかといいますと...

音源にMP3プレイヤーを使えるようにするためです。

 

こんな感じです

右側のICが取り外した音源ICで、

左側のマイクロSDカードが刺さっている基板がMP3プレイヤー基板です。

 

取り付けるとこうなります。

 

基板のICソケットに直接差し込みます。

電源も共通にします。(電源は別コードで繋いでます)

 

これで、音はすべて、録音されているMP3ファイルを再生します。

もちろん、音源は自由に変更できます。

大砲音や機銃音だけではなく、人の声も再生できます。

プロポでおこなう車両の設定等の時も音声ガイダンス付きになります。

普通に音楽も再生できますw

音以外にも、追加でサーボを2個、制御できます。

 

上の写真では、基板に基板を重ねているので、基板の高さが1cm以上高くなり、1/35キットに乗せるときには高さが邪魔になる可能性もあるので、そんなときにはMP3基板をコード接続して空いた隙間に押し込めることも可能です。

 

なら

べつに、最初から音源ICなんて無くても良いんじゃないかと...

そうすれば、一枚の基板ですっきり出来るんじゃないか??

実は、新基板を作るのに一番悩んだのが、これなんです。

 

これも、最初にMP3プレイヤーの基板を使ってみたのが、昨年のホビーショウの展示会からですが....

音楽が鳴ったり、人の声が出たりと、確かに始めて聞いた人は驚くかも知れませんが、すぐに飽きますww

結局、一発芸で、あとは普通に大砲音や機銃音の単純な音だけで十分です。

そうなると、ファイルを指定して再生させるMP3プレイヤーより、ダイレクトにON・OFFできる音源ICのほうが反応も早く音も安定しているし...

 

しかも、MP3ファイルは自分で音量とかサイズを編集しないといけないので、音源を作るのも面倒だし、

しかも、1/35の車両に組み込めるスピーカー程度ではたいした音も出ないし....たとえば、

パソコン上で再生すると迫力のある大砲音でも、1/35自作キットのスピーカーから鳴らすと低音が出ないので小さなしょぼい音にしか聞こえませんww

 

で、

わたしが出した結論は、

一台くらいはMP3プレイヤー基板を積んだ車両はあっても良いけど、あとは別に今までどおりの音源のほうが良いかなあ...

 

て事になり、

今回のような外付け仕様にしました。

 

 

さて、

本来なら、ここで新基盤の詳しい仕様とか価格とか、

オプションのMP3プレイヤー基板の音声ファイルの仕様とか、基板の価格とか.

 

書きたいところなんですが...

 

実は、

送られて来た完成した基板50個を見て.....

 

真っ青になりますた.....

 

違うんです....

 

あれだけ、基板の仕様を何度も確認したはずだったのに.....

 

まぁ、よくこの誤字脱字が多いブログを見られている方なら解ると思いますが、わたしはけっこう大雑把な性格なんです。

自作の基板だって一発で成功する事なんてほとんど無くて、見落とし・ミスがあるのは当たり前で、何度も作り直して完成品に仕上げていってるのです。

なので、高額で一発勝負の完成基板の制作には、慎重を期したはずなのに....

 

なのに

 

仕上がってきた基板が

これですた><

これ、何が違ってるかわかります??

 

そう

サーボやモーターLEDスピーカー等を差し込むコネクタが、すべてピンヘッダではなくソケットになってるんですww

 

どうなって

 

こうなったのか

 

わかりませんw

何度もやり取りした部品表とか確認しましたか.....

いまさら、どの段階で、どっちが、どうカン違いした...とか...

どうてだもいいんで

 

とりあえず、ソケットをピンに付け替えてくださいww

 

と、

お願いして、物をその日のうちに送り返しました....

 

メーカーに承諾を得て、すぐに使いたいからと、5個ほどは自分で修正するつもりで手元に残しました。

今回の記事の写真は、わたしが修整したものですが....

 

個人での修正はほとんど無理です....

面積の大きいグランドに半田付けされている箇所は、ハンダゴテを当てて溶かして抜こうとしても、ちょっと動いただけすぐに固まり無理に抜くと基板の銅が剥離して破損しますww

基板全体を炉で加熱して、一旦全パーツを外さないと完全に修復は出来ないかもww

これって、一から作ったほうが早いかもww

 

そんなわけで、

メーカーさんからの返事まちで...

 

小心者のわたしは、毎日不安な日々を送っております。

 

 

つづく

 

 

ひのきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス