2017-11-06 13:32:34

モデラーズフェスティバル2017に出展しました

テーマ:おやぢ

11月3日(金) モデフェスの会場にたどり着いたのが4時半頃で、宅急便で送っておいた荷物を開封してジオラマ台を組み立てました。

で、

ほぼ台が組みあがったので、送った車両の破損がないか取り出してチェックしておりましたが....

案の定、一台 派手に破損しておりました...

それが、一番壊れていて欲しくなかった、「電車」でしたTT

 

宅急便で、大きなダンボールに詰め込んで送りつけると、どんなに気をつけてコンポしても、破損車両は発生するんですが...

もちろん、それを覚悟して送ってはいるんですが...

まぁ、だいたい壊れてほしくない車両に限って壊れるものですww

 

4日(土)は、9時から設営しますと呼びかけてしまいましたが、会場が開くのが9時半くらいでしたww

わたしが主催者から送られてきていたスケジュール表を良く確認してなくて間違ってアナウンスしてしまいました

すいませんでしたm(_ _)m

 

「可動戦車模型愛好会」のブースは、展示会場の一番奥の部屋の一番奥でした(笑)

そのおかげで、後ろの壁際にけっこう荷物が置けたので助かりました。

 

ブースはこんな感じです。

ジオラマ台はホビーショウで使っているモノの前半分だけ使って、それだと家の前におく柵とか階段とか小物が置けないので、2cm幅くらいの小物置き場をつけて後ろに建物の半分のやつを並べてみました。

 

ただ、半分の建物を真っ直ぐ整然と並べて配置するのが難しく、操縦する人と建物が触れると建物がすぐに傾いたりするので、建物を固定する支柱の形状をもう少し工夫する必要があるかなぁと.....

 

今回は、展示専用のスペースがほとんど無くて、ジオラマ上の道路に駐車するしかなく、走行スペースは狭かったですが、まぁ、それはそれで、にぎやかな状態だったのでよかったのかも(笑)

 

ブースにこられた来場者ですが、

さすがに静岡ホビーショウのように人だかりが耐えないとか、そこまではありませんでしたが(笑)

終日耐えることなくご覧になる方がいましたので、二日間ほとんどデモし続けておりましたので、がんばって出展してよかったなぁと思いました。

ちなみに、例の本は、会場で4冊売れました(笑)

 

うちのクラブ員も二日間で12名のご参加を頂き、出展料割り勘も一人1000円でぴったりでした!!

 

ご来場・ご覧いただけました方、ご参加・お手伝いただきました方、ありがとうございましたm(_ _)m

 

とりあえず、来年のホビーショウまでに電車を治して走るようにしないと...

そういえば、以前輸送中に破損してそのまま放置されている車両「1号Fガルパン仕様・パンサーG

」とかも何とかしないと....

 

さて、

会場で受けた質問とか 何点かご連絡事項を...

 

バラギヤでギヤボックスを自作するときのギヤとギヤとの距離の計算方法ですが、

ここに書いてます。

タミヤの最近の小型のギヤボックスに使われているギヤのモジュールは0.4です。(旧タイプの少し大きめの歯は0.5)

あとは組み合わせる二つの歯の枚数がわかれば距離が出ます。

 

 

最近の1セル りポバッテリーのコネクタ用のピンは、

ここに書いてます。

最近販売したM3車両基板セットには、リポ用の細ピンも着いてますので、それを使ってください。

 

 

M3基盤用のハーフトラックPICですが、使用するにあたって下記の注意点があります。

1.前輪のステアリング用サーボは、砲身リコイル用のサーボコネクタを使ってください。

2.車両が停止中、ステアリング用サーボは動作しません、停止中にプロポの左右スティックで砲身上下のサーボが動きます。走行中は同じ左右スティックを動かすとステアリングサーボが動きます。

3.旋回時には戦車のように片方の起動輪の回転が落ちて、ドイツのハーフトラックのように旋回性能がよくなります。

ただし、前輪のステアリングの動き(方向)と、旋回時の左右の履帯の回転差による旋回方向を合わせておく必要がありますので、ステアリングサーボを取り付けるときには注意してください。

 

 

砲塔旋回サーボに使う永久回転サーボの改造方法ですが、

「1/35可動戦車模型の作り方」のP54
または、私のブログの製作記事にもいろいろなタイプのサーボの改造方法が出ておりますので、参考にしてください。
https://ameblo.jp/hinokinooyadi/entry-12263124708.html
https://ameblo.jp/hinokinooyadi/entry-12039507206.html
https://ameblo.jp/hinokinooyadi/entry-10825210204.html

改造に使用するサーボは、一般的な小型アナログサーボ(デジタルサーボではないタイプ)で、基本的には、下記の手順で行います。

1.サーボをばらして、サーボホーンの軸に接続しているポテンショメーター(可変抵抗)を切り離す。

2.サーボを車両基板に接続して、プロポの「砲塔旋回サーボの停止位置と回転スピードの設定」モードにする。
詳しくはプロポの説明書
https://ameblo.jp/hinokinooyadi/entry-10901675128.html
の「8.砲塔旋回サーボの停止位置と回転スピードの設定」で設定モードにします。

3.プロポのスティック・トリムをセンター位置にしておいて、
サーボのモーターが停止するように直接切り離した可変抵抗を回転させて調整する
(停止位置はピンポイントなので、停止位置を見つけるのに慣れてないと苦労するw)
ポテンショメーター(可変抵抗)を回転ても、どうしてもモーターが完全に停止しないときは、プロポの左右スティックのトリムを左右にずらして停止させてもOK

4.サーボの切り離したポテンショメーター(可変抵抗)がサーボホーンが回転しても同調して回転しないよう加工して、サーボの蓋をする。

以上が改造手順です。

 

 

そそ、ギヤ比の計算方法は?

という質問もありましたが、これは図解すると簡単なので.....

でも絵を描くの下手なので、オフ会の時にでも説明しますww

 

----------------------------------------------

その他、私事ですが、

しばらく仕事がピーク状態で、質問等のメールを頂いても返事が出来そうもありません。

週末も出張が続きそうで、この状態が来年まで続くと思います。

----------------------------------------------

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひのきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。