こんにちは!
パーソナルカラー&骨格コンサルタントのマルノナツコです。
 
 
 
久しぶりの
マジョリカマジョルカ。
 
キラキラ~
宝石箱~
いかにも若い女子向け~
 
という感じのブランドなので、マルノと同年代の方は、コーナーを素通りしちゃうのでは?
 
私はアイシャドウとマスカラを持っていますが、やっぱりカラー優先で買ったので、機能的なものは、ほとんど期待していませんでした。
(ちなみに、それらを使ってみての感想は「普通」でした。あと、アイシャドウは割れやすいので注意です!)
 
 
 
今回はチークとアイライナーをご紹介するのですが、このチークがなかなか良かった、という話です。
 
 
 
 
 

マジョリカマジョルカ

 
クリーム・デ・チーク
PK312
 
 
(画像はマジョリカマジョルカのHPよりお借りしました)
 
 
このクリームデチークの形状、一見、マニキュア!?って思っちゃいますよね。
 
写真でおわかりのように、ハケとか、まんまマニキュアです。
 
名称はクリームチークですが、クリームというより、液体です。しゃびしゃび。
 
色は、結構はっきりしていて、これ、「まんま塗っちゃって大丈夫?」というのが最初の印象でした。
 
 
 
 
 
で、使っての感想。
 
 
良かったです!!
 
 
いつものメイクの順番は
 
下地→リキッドファンデ→クリームチーク→フェイスパウダー→パウダーチーク
 
 
今まで使ったことのあるクリームチーク(固形)は、フェイスパウダーをつけると色がほとんど見えなくなってしまって、隠しチークとして考えても、あんまり意味がないなぁ…というものでした。
 
 
このマジョマジョのチーク。
 
3ハケくらい、ほっぺにつけます。色がはっきりつくので心配になるのですが、(絵の具をぬった状態)
 
ファンデを伸ばしたスポンジでポン、ポンとおさえると、自然な感じに馴染むんです~
 
その後フェイスパウダーをはたいても、しっかり色が残っている上、つきすぎの感じではないという、絶妙の塩梅なんです。
 
 
 
だからフェイスパウダーの後にパウダーチークをつけてもつけなくても(つけ忘れても笑)、いい感じ。
 
今までの固形のクリームチークは、フェイスパウダーをしなければ丁度良いので、艶を出したいメイクの日に使うことにします。
 
 
 
カラーバリエは4種類。
 
シェルピンクと木苺→ブルーベース、
 
コーラルとカスタード→イエローベース
 
カスタードの色ですが、実物は画像よりもう少しオレンジっぽいです。
 
 
そしてもう1点、アイライナー。
 
ジュエリングペンシル
(アイライナー)
RD505
 
 
 
こちらはラメがすごいです。
 
でも、アイシャドウではなくライナーなので、そんなにギラギラなりません。
 
「赤い宝石」は、秋にぴったりのボルドー。素敵な色です。
 
私の場合、まぶたに暖色はNGなので、細く入れるようにしたいのですが…
(暖色をつけると腫れぼったくなる)
 
 
やっぱり、鉛筆はダメだー!!
細く入れたければ、結構ひんぱんに削らなくてはなりませんが、ボキボキ折れてしまいます。
 
うちの鉛筆削りがだめなのか、私が不器用なのか。両方ですね(涙)
 
 
この商品がどうこうでは無いのですが、
 
棒ものは、繰り出し式に限る。
 
と改めて思ったのでした。
 
 
カラーバリエは7種類。
 
パーソナルカラーはあまり気にせず、メイクのイメージによって選んで良いと思います。