「つぶつぶ」で私、変わった? 草編 | 信州伊那谷 ヒナタヤキッチン

信州伊那谷 ヒナタヤキッチン

毎日がワクワク♡噂の料理教室
生きやすくなるための食レシピ☆世界にも自分にもOK出せる
あなたに変わる  未来食つぶつぶ」


テーマ:
「つぶつぶ」で私、変わったのかな? 本日は「草編」です。

世の中には、
「雑草が庭一杯にはえてても平気な人」と「雑草が庭に一本でもあったら我慢できない人」がいます。
どちらが「正しい」「間違ってる」ではないと思います。

私個人的には「雑草」という名前の草は無いと思っているし、
庭一杯にはえてて平気かっていうとそれほどでもないけれど、「気にならない」ほうです。
雑草も生きているし、意味があってそこに種をおとし根を下ろしています。
草が伸びていたほうがなんだか生き生きしていて好きです。
草一本もはえていないのは「不気味」に感じます。

でも「草が一本もない」状態が好きな人の話を聞くと「地球が草だらけになる」ことを心配しているようです。
または、草がコンクリートに亀裂を入れ変形させて、歩く人が危ない、という人もいます。

「良い悪い」ではなく。

前は、こんな風に考えられませんでした。
「私の意見が正しい」そう思って、草の息の根を止める人(家族)をなんとか阻止しようと思っていました。
「なんで私の考えを分かってくれないのか」と怒りさえ覚えました。
そして「分かってもらえない」私は「被害者」になっていました。

この夏、ヒナタヤの周りに除草剤がまかれていました。
私が分からないと思って、そして良かれと思って(美紀さんが草ぼうぼうにしているから)、草を処理してくれたのです。

あの、しっかりと根付いた草が茶色くなった様はとても寂しいものがありました。

でも「私が手をかける時間が無いからな」そう思い、怒りの気持ちはまったく起こりませんでした。

そうなんです。
「手をかける」「気持ちを寄せる」これが大事だと思います。
「ほっぽらかし」とは違うんです。

「私がほっぽらかし」にしてたから。
「手をかけている」ことが分かれば、相手はその領域までは入ってきません。
それで、秋のよい日にヒナタヤの駐車場を草取りしました。
(ビフォーが分からないので何とも(^^;))

壁側に積んであった、お酒のカートン(婚家は酒屋です)も片づけました。
以前は、椅子代わりに使っていましたが、作家さんの椅子が来たのでもうずっと前から使っていなかったものです。
草取り


まだ茶色いままなところもありますが、ちゃんと草たちは生えてきてくれています。
なんだか風が通ったように思いません?(^^*)
草取り
(昔の人は、草が生えないように、古いじゅうたんを庭に敷いたんです。これもいつか片づけたいです(´Д`;))

「自分と違う考えの人がいてこの世界は構成されている」
「こういう考えの私が存在する」ように「そうじゃない考えの人も存在する」ということを知ると楽になります。
違う考えの人を責めても解決にならない。
「被害者の思考に陥らない」だけでも儲けものです。
それは決してあきらめではなく。
なんでもない日々を積み重ねる事。
そこからはじまると思います。


みきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス