写心入門講座day2 まとめその1

テーマ:
山本あゆみです。

{EFBB596A-D890-4E14-992C-B86D2E65D399}

(写真は中尾亜由美さんの撮影。)



今日は2回目の写心の入門講座。
1回目につづき、
超初心者の私の今の理解をここに書いていきますね。

未熟な点、理解が間違ってる点が多々あると思いますが、ゆるしてね。

カメラが大好き。
大好きだからもっと仲良くなりたい。
仲良くなりたいのに
カメラと心を通わすために
今一生懸命に邁進中です。


先生はこちらでも幾度となく登場の人柄写心家ツグさん。

{E134B68F-8A70-49E0-93A1-B28626F1D936}





私達をサポートしてくださる美沙希ちゃん。

{B308E3D3-4FC6-4C59-9BA5-13AF1F354C7C}
とてもかわいい方で、細い体で
信じられない大きさのカメラ抱えてシャッター切りまくってる姿、いつも尊敬。



さて、
今日のクラスでは、午前中はみんなの疑問とか、
「今日のくらすで何を学べたら満足できるか?」を明確にして
それをツグさんにおしえてもらいました。


⑴物撮り
・Aモード(絞り優先モード)で三脚を使用して撮ると、安定

・その場合シャッタースピードを遅くして露出の調整をしましょう。

・カメラマンのシャッターを押すときの揺れが写真に影響しないように、セルフタイマー2秒で撮る。

・レフ板やディフューズ(光を拡散させるもの)を使うとよい

・天候によって大きく写りが変わるので、
雲の隙間のないような曇りの日や、雲ひとつない晴天の日を撮影日にするとよい。
雲がかかると、写りが大きくかわる。

・複数個の物を撮るときは、カメラマンが下がって、全体にピントが合うようにして撮影し、あとからトリミングするとよい。

・三脚を使用するときはISOは100にしておく
SSで明るさのコントロールをすると美しく撮れる。


(2)家の中で人物を美しく撮るには?

○家の中で人物を撮影するのは基本的に難しい。
                                    ↓
・照明の色がバラバラであることと、光の量が外に比べて少ないので、素敵な色の表現が難  
しい。(自然光で撮るのが一番!)

・夜は光の量がすくないのでますます難しい

・レースのカーテンの近くで撮ると美しく撮れる

・光の波
人工物(照明)→光の波がとがっている→固くなる。これを緩和するためにスタジオ撮影等ではストロボをたいて、一旦壁に反射させた光を使うことが多い。

自然光→なめらか

・お家の中で撮ると赤、白、黄色っぽくなる
→ホワイトバランスを触る必要あり

(ニコンの場合)
メニュー→ホワイトバランス→右カーソル→色のチャートが表示される。

ここで色の調整ができるが、迷子になりやすい。

自分がよく撮影する場所でどの色の設定が一番適しているのかを事前に調べてメモを取っておくと良い。

・室内撮影の時は複数の照明を使わないこと(消す方がいい)
LEDのコイル電球など、目で見て綺麗な照明で撮った写真は美しく撮れる


○自然光の中で人を撮った方が健康そうに撮れる

ニコンの場合
メニュー→ピクチャーコントロール→明瞭度を下げる
(浅黒さを軽減して柔らかくなる)


(3)幻想的な写真をとるかにはどうしたら良いか?

ニコンの場合
メニュー→ピクチャーコントロール→ポートレートなどどれかを選択→コントラスト、明瞭度を下げる
(幻想的なふわっとした写真になる)


⑷写真の目的に合わせて、撮る
正しく写すのか(見たままを写す、記録)
楽しく写すのか(心の動いたものを表現するのか)


⑸被写体が複数人いる時のピントの合わせ方
3つの解決法がある
①F8にする
②被写体二人それぞれと自分の距離が同じになるところに自分が移動する。

{65034F5C-BAB9-445C-A650-2AF5AE4A9639}

③カメラマンが二歩下がる。
被写体との距離が広がるほどピントの幅がふかくなる。

*手元で絞りを調整するより、カメラマンが下がったり移動する方が早くて良い。設定している間にシャッターチャンスをのがしてしまう!


(6)空や暗いところを撮るとき、シャッターが切れないのはなぜか?

入門機ではピントを合わせる切り替えがレンズにあるので、そこを見る。
                                 ↓
AFではピントをどこに合わせればいいのかをカメラがわからないので迷ってシャッターが押せない状態になる
                                  ↓
MFに切り替えて、どこにピントを合わせるかをこちらで指定するとシャッターがきれる
ex:雲  地平線


⑺室内で夜に美味しそうにパンを撮るにはどうしたらよいか?

パンも人もレースのカーテンの近くで昼間の光で撮ると綺麗に写る。美味しそうに見える環境においてあげることが大事。
                                   ↓
焼き上がり時間を朝〜昼間にしましょう

{F37FBAC2-407B-416F-8847-1D32B5670C7A}
(ツグさん撮影。昼間室内。白い布の上に置いて撮影)
柔らかな感じ。

{43BEC362-8696-4A3D-AA58-942FCE3450CB}
(私撮影。夜、室内)
固い感じ。クリームパンの柔らかな美味しさが出にくい…泣

柔らかい光が来ていたら柔らかく撮れる
目で見て素敵な光がきたら素敵な写真が撮れる


(8)ISO感度を上げるとノイズが多くなり輪郭がくっきり出なくなる→出来るだけ低く設定する方がよいが、ぶれるなら躊躇なくあげよう


(9)スポットライトの下で白いソフトクリームを食べてる子供を撮りたいが、ソフトクリームも子供も美しく撮るのが難しい。どうしたらよいか?
                                     ↓
難しい条件下で難しく撮らないこと。
現場を移動して、写しやすい場所で撮ることが大事。移動をめんどくさがらないこと。
素敵に撮れる場所に自分が移動する事で解決する。
                                    ↓
動いてもどうにもならないときに初めてホワイトバランスやピクチャーコントロールを使って色と光を決めていけばよい

*大事なことは先に動くこと


(10)色黒の人と色白の人の同時撮影
明暗差の大きいものを撮る場合、
メニュー→ピクチャーコントロール→コントラストを下げる

のっぺりしてしまうけれど、どちらかが色飛びしたり黒くなるよりはマシ。


(11)ロケハンの時のイメトレについて
○事前に出来ること
・現場の名前と、ポートレートで画像検索をする 

・現場に近い感じのキーワードとポートレートで画像検索(ex:祭り、ポートレート)

・自分の撮りたい絵の言葉で検索
(ex:インスタで「パン」で検索して、好きな写真をとる人を探してフォローする。その人のフィードをよくみておく)

・現場に足を運んでおくこと

・流れを知っておくこと
ex:バスケットボールのルールを知ってる人は良い写真が撮れるけれど、知らない人は撮れない。ながれをしらないから。

・初めての場所でうまくとることは難しい(初見は難しい)ことを知っておこう

・初めましての人を上手にとることは難しい


(12)空気の閉じ込め方

・テーブル全体の楽しそう、美味しそうな雰囲気をとるには(一点に焦点が合いすぎて、他がぼやぼやして雰囲気が伝わりづらい)

一歩下がって絞る(F5.6)
やや水平(少しテーブル側に傾ける)
写真がぼやぼやしていたらピクチャーコントロールの明瞭度をプラスにする

*水平と垂直げきちんととれていると現場の空気が閉じ込められていることが多い。


(13)どんなときにシャッターをきるのか
                        ↓
心が動いたとき
自分の心が動いている時に撮った写真だからこそ誰かの心を動かせる(ふるわせられる)
                         ↓
自分の心が動いているのかわからなくなっている時は、嬉しい時に嬉しいと表現し、悲しい時に悲しいと表現するようにしよう
                         ↓
感受性が豊かになり、心の機微に気づいていけるようになる 
                         ↓
写真にはとても大切なことです
自分がわからないときこそ、外に出てなんか素敵だなと感じたものを撮ることが大切
                         ↓
何を感じているのか自分が把握してあげることがスタート
                         ↓
これ素敵。これ面白い。を感じる。
                         ↓
それのシャッターを切る


素敵そうだから撮ってみる、とかはわけわからなくなるのでやらないこと。
自分のいいと思うものを探しに行く。
自分の好きを探しに行く。
これが大事


(14)玉ボケ
・後ろの背景に光っているものがあれば撮れる
・カメラマンの近くにピントを合わせるものを決めて、背景にある光の玉が離れているほど玉ボケの玉がふわっと撮れる
・F値はひくくする。(解放) 

{A455DE7B-079A-4051-9C85-1C164AA39D8C}

光は電球でもいいし、水が光を反射していてもいいし、葉っぱが光を反射していてもよい。

{91AAE3CE-2649-4D74-A2F4-3A901FFEE066}