おはようございます。

長久手キッチンスタジオさわわ  の さいとうけいこです。

 

今年の名古屋近辺は、ズッキーニとトマトの流通量が、例年よりも多いような気がします。

今朝のラジオで女性のアナウンサーさんが「今年はズッキーニを良く見かける」とコメントしていらしたので、私だけの感覚ではないようです。

 

ということで、長久手市観光交流協会発行の夏6番号(7/4配布開始)にて、ズッキーニとミニトマトを使用したメニューのレシピをご紹介させていただいていますハート

(このお話はまた次の機会に詳しくお知らせします。今日は、先立ってお伝えしておくことがありまして。)

 

初心者さん向けの超簡単レシピですが、 その中の工程で、①ズッキーニのくり抜き方 と ②ミニトマトの湯むき を紙面上で詳しくご案内できませんでしたので、こちらでご紹介させていただきます。

 

①ズッキーニのくり抜き方

縦半分に切ります。

皮から7ミリ程度内側にナイフで切り目を入れます。

(歯先を中央寄りに少しだけ斜めに)

ぐるっと一周。

切り目に沿ってスプーンを入れてくり抜きます。

(料理での使い方によりますが、今回の場合は浅めで大丈夫。スプーンは一気に動かさず、ぐいぐいっと少しずつ進めていくとキレイにくり抜けます〜。ぐいぐいが難しいと感じられる時は、くり抜く範囲に格子状に切り目を入れるとやりやすくなります

 

②ミニトマトの湯むき

お尻につまようじで穴を開けます。

(ナイフで切れ目を入れるやり方がスタンダードですが、つまようじですと子どもでもできます)

沸かしたお湯に入れます。状態により15〜30秒ぐらい。

冷水に取り出し、粗熱をとります。

水気を拭いてから、ヘタと皮をむきます。

(ヘタは熱湯に入れる前に取る方が芳しいのですが、工程を減らす上では、この段階でも。ただし、皮をむく前にヘタを取った方がやりやすいです。ヘタはくるっとひねるとすぐ取れます。)

 

*トマトの皮むきは、湯むきで意外にも「冷凍したものを常温の水に入れる」という方法がありますが、これはまた何かの時にご紹介させていただきます。今回のレシピでは、トマトの形をしっかり残したいので、湯むきの方が向いていますウィンク

 

春夏のお野菜はカラフルで、見ているだけで楽しいですねわはは

家庭料理のおいしさを未来に届けると手伝い『長久手キッチンスタジオさわわ』の さいとうけいこ でした。

 

 

おうちパン7月大人クラス『カレーベーコン&大葉の香り食パン受付中! 

【小学3〜6年】おさかなサマースクール受付中!

【小学3年〜】サイエンスキッチン受付中!

詳しくはホームページをご覧ください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ホームページはこちらです。

https://sa-wa-wa.jimdo.com

インスタグラムもフォローしてね〜

https://www.instagram.com/sawawa.kitchen/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=