こんにちは!

バランガン銀座店の鑑定士ひなたです音譜

 

今日は、私自身の恋について、

赤裸々に、書いてみようかと思います。

 

長い話になりますので、

連載にしたいと思います 笑

 

よかったら、お付き合いくださいませウインク

 

 

 

私には、今、好きな人がいる。

 

でも、彼は、“彼氏”ではないのだ。

 

 

 

 

 

あの人に出会ってから、

もう2年以上経ってしまった。

 

 

月日が経つのは本当に早い。

 

 

初めて出会った時から、私の一目惚れだった。

 

 

一目見た瞬間から、

「なんてキレイな人なんだろう」と思った。

 

 

私はそれまで、自分の好みのタイプを知らなかったが、彼に出会ってから、自分の好みというものを、初めて理解した。

 

 

“彼のような人”が

私の好み、だったのだ。

 

 

 

初めて彼と至近距離で目を合わせたとき、

彼の瞳の中にも、私に対する好意が見えたような気がした。

 

 

 

お互いに惹かれあう、

そんな感じがしたのだった。

 

 

 

 

出会ってから9か月後、

彼から、あるプロジェクトのお誘いを受けた。

 

 

「一緒にやってみない?」

というメッセージを受け取ったとき、

私は死ぬほど嬉しかった。

 

 

彼との距離をどうやったら縮められるかな、と、ずっと思っていたからだ。

 

 

そのプロジェクトを通して、

彼と2人きりで過ごす時間が増えた。

 

一緒にご飯を食べたり、カフェでお茶する時間もとれるようになった。

 

 

 

ますます、好きになってしまった。

 

 

 

彼がふいに見せる表情に、やはり、

私に対する好意を感じる瞬間があった。

 

 

 

 

ある日、思い切って聞いてみた。

「彼女はいるの?」と。

 

彼の答えは、「YES」だった。

 

 

 

 

すべてが音を立てて崩れ去っていくように感じた。

 

今すぐにその場を立ち去りたいとさえ思った。

なんとか動揺を見せずに、なんとか会話を続けた。

 

これだけ素敵な人なのだから、

彼女がいて当然なのだけど、

改めて、彼の口からそれを聞くと、

相当な衝撃だった。

 

 

 

 

その日の帰り、浅草寺に立ち寄った。

 

心の中は土砂降りの雨だった。

あふれそうな涙を必死でこらえていた。

 

救いを求めて、おみくじを引いた。

 

 

 

その時のおみくじが、これ。

 

 

 

「大吉」だった。

 

 

 

そこに書かれていたのは、

 

 

「願望:後になって叶う」

 

「望み事が叶うのが遅いからといって、

悲しみ、嘆かずに気長に待ちましょう」

 

 

 

 

本当に救われた瞬間だった。

 

 

神様、ありがとう、と本当に思った。

救いの神は、本当にいるのだ、と思った。

 

 

 

 

私は、まだまだ、希望を捨てないでみよう、と思った。

 

 

浅草寺の神様を信じてみることにしたのだった。

 

 

 

つづく

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

毎週、火曜日、水曜日、木曜日にバランガン銀座店にて鑑定中です^^

 

バランガン銀座公式ホームページはこちら↓

https://ginza.balangan.jp/list/hinata.php

 

ご予約は以下のお電話番号からお願いいたします^^

03-6228-6707 (AM11:00~PM20:00)