1 | 2 次ページ >> ▼ /
テーマ:日記
2006年02月21日(火) 12時31分53秒

ひなごろう、RECAROシートに乗る。

ひなごろうがついにチャイルドシートを卒業した。

敷くだけタイプのものは5,000円くらいからだったけど、
奮発して背もたれがあるタイプにした。
値段は3倍くらいするけど、やっぱりこっちのほうが安全な気がするから。

オートバックスに連れて行って、以前から目を付けていた
RECAROのジュニアシートをそれとなく勧めてみる。

「ほら見て~、ひーちゃん。
パパとママが乗ってるのと同じだよ~。かっこいいねぇ~」

とか声を掛けて、さりげなく洗脳。

(後日談。
我が家の車はバケットシートが標準装備で付いているという、奇特な車。
けど、RECAROではなかった。私の勘違いである。)

赤とオレンジの2種類があるけれど、在庫はあるのかな?
さっそくお店のお姉さんを呼び止める。







す・・・すいません。

   「こ・・・こんにちは!」







緊張ぎみにあいさつするひなごろう。


お店のお姉さん「あはは(^∇^) こんにちはー」


残念ながらシートの在庫は、オレンジ色の展示品のみらしい。
一応、ごろう先生の許可を取らねば。


「ひーちゃん、コレでいい?」

「ひなちゃん、コレのりたい。コレかうよ。」


おぉ!すごく気に入った様子。

購入後、さっそく取り付けてみる。





RECAROシートくん

いいねー。しっくりなじんでるよー。

いそいそと自ら乗り込むひなごろう。
シートベルトを締めてあげると、嬉しそうに足をぶらぶら。
かっこいいよ、アンタ。・゚・(ノД`)・゚・。

これから数年間お世話になります。
ひなごろうの安全を守って下さい。
よろしくね。RECAROシートくん。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:日記
2006年02月17日(金) 12時57分15秒

おしゃれ亀

会社でのできごと。
自分の席に戻って座る。

ん?

向かい側の机の上に、紙袋が乗っている。














亀

・・・亀?




















亀2

亀じゃん!

しかも、おしりからなんか生えてるし。
しばし、釘付け。なんなの、コレは?

こけ?
藻草?
それとも・・・自前の毛?








こんなとき人は、その感動を誰かに伝えたくなる。







「この亀、すごくないですか?」

HさんとAさん、即座に反応。


「甲羅になんか生えてる?」


「たしかコレは、おめでたい亀ですよ」


「へぇ~」


「コケなの?藻なの?えっ!もしかして毛?」


一同「さぁ~」


「コレが長ければ長いほど偉いんだよ、きっと」


「オレ、お前のより長いぜ、的な?」


「そうそう。オレ、お前に勝った!みたいな」


一同「きゃははは~。(嬉」









バカでしょ?私たち・・・_| ̄|○








そのとき、会社の電話が鳴る。
私が受話器をとる。
絶妙なタイミングでHさんがつぶやく。




「エクステンション?」




... ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォッ! (心の声)




もう電話にでてしまったので、すんでのところで笑いをこらえる。


亀さんが、美容院でエクステンションを付けてもらっているところを想像してしまった。

美容師さんに「5本サービスしときますねー」とか言われて。
鏡をのぞいて、仕上がりに満足する亀。

「やーだー、かわいくなーい?」

「ちょー 似合ってるぅ」
(↑頭の悪そうなギャル風に)

とか言って、はしゃぐ亀たち。

バカバカ。自分の想像力のバカ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:ひなごろうのつぶやき
2006年02月15日(水) 12時23分53秒

モテる呪文

ひなごろうは寝入りばな、意味不明な言葉をつぶやくことがある。

昨夜もつぶやいていた。


いつも、眠りに落ちる寸前までしゃべっているひなごろう。

目はすでに半目状態。

寝たかなー、と思うとまたしゃべり始める。

そして、昨日の最後の一言がコレだ。











「おとこ と おとこ



おんな と おんな



・・・にしゃい と にしゃい



(2歳と2歳)」











全くもって、意味不明。

しかも「おとこ と おんな」ではないあたりも微妙だよ!

もしかして、【モテる呪文】ですか?

誰か、解読して~!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:ひなごろうのつぶやき
2006年02月11日(土) 19時17分46秒

我が家のおフロが狭いわけ

ひなごろうと一緒におフロに入る。
狭い浴槽ゆえ、先に入っているひなごろうの向かい側に遠慮がちに入る。




「先輩、失礼しまーす」(心の声)




するとひなごろう、わざわざ移動してきて私の横にキューキューに納まる。


うっ、狭い。


さりげなく反対側に移動すると、ひなごろう、
またもやわざわざ移動して私の横にキューキューに納まる。


狭いじゃん!
なぜ?なぜなんだ?!


私の隣で満足げな顔をして、ひなごろうは言う。



ひな「ママぁ~」



なんだよ。












ひな「ぎゅーぎゅーむすめ だねぇ」















・・・パードゥン?















ひな「ぎゅー ぎゅー むすめ だねぇ」




















・・・たぶん、ぎゅーぎゅー詰めって言いたいんだな。


そしてお次は「ちょっと失礼~」とばかりに私の膝の上に移動。
おフロの中でまで、だっこですか?




ひな「せまい~?」




一応気遣ってくれるんだ(^_^;)


これがひなごろう一家のルーティンワーク。
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:日記
2006年02月09日(木) 18時45分23秒

やるせない

昨日は久しぶりに泣いてしまった。

昨日、子供が親に虐待されて亡くなったってニュースが2件もあった。
そして、その亡くなった子はいずれも3歳。
奇しくもひなごろうと同じ3歳だ。
無邪気にはしゃぎ回るひなごろうを眺めながら、
よくもこんなに小さい子を冷水の中に裸で何時間も正座させたり、
身体中にアザができるほど、モップの柄で叩いたり。
食事どころか、水も飲ませてあげなかったなんて。。。

家族もいた手前、ニュースを見ているときは堪えていたけど、
その後、やっぱり泣いてしまった。

セ「どしたの?歯が痛いの?」

センターパーツが心配そうに気遣ってくれた。
その日は歯の治療に行ったので、たしかに歯は痛かった。
ココ(歯)にもう1個心臓があるよー!
っつーぐらい痛かった。



でも違うんだ。



私「・・・かわいそうだよ。涙が出る。」

セ「うーん・・・そうだね・・・」

私「ひーちゃんと同じ3歳だよ・・・」

セ「・・・・・・」

ひな「どしたの?ママ、はがいたいの?」


ひなごろうには、どうして泣いているのか、うまく説明ができなかった。

親になったからなのか、それとも年をとったからなのか。
とにかく、すぐに泣いてしまう。

何ともやるせない気持ち。

罪のない子供が、殺される。

しかも本来、守ってくれるべき、愛情を注いでくれるべき父親・母親によって。




自分は何もできない。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。