先日“多焦点眼内レンズ手術”をした。

今は片目だけ、コンタクトレンズを入れている感覚。

もう片方の目は、2月10日に手術!

きっとその日から、生まれ変わった私がいるはず(笑)

 

小学校のときから目が悪く、

眼鏡をかけたくなくて・・・目を細めて見ていたために乱視にもなり、

本当に目が見えないという不自由さをずーーーーーっと抱えて生きてきました。

高校生の時、初めてコンタクトを目に入れた瞬間、

世の中がぱーーっとはっきり、くっきり、明るく鮮やかに見えた時の衝撃は

今でも忘れられません。

 

あれから40年・・・

ハードコンタクトレンズなので、すぐ摺りガラスになってよく見えないし、

超ドライアイの私にとっては、いつもゴロゴロとした違和感があるし、

最近は近くが見えなくなってきたからコンタクトをして

さらに老眼鏡をかけるという・・・・二重苦、三重苦にみまわれていた。

 

それでも眼鏡をかけたくない私は、朝起きるとすぐコンタクトを入れ、

夜ベッドに入るまでコンタクトを外さない生活・・・。

 

目に良くないことはわかっていたけど、続けていた。

 

そんなある日、生命保険会社の友人から、

「多焦点眼内レンズ手術で、近眼も乱視も老眼も白内障も治るらしいよ」

という情報をもらいさっそく眼科に検診に行き、手術の運びとなった。

 

裸眼でいるなんて、中学以来のこと。

 

まずは、目のメンテナンス第1弾ってところかな。

今のところは、朝起きて見えていることに感動している毎日です♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

■ケーズブレーンでは企業研修や各種講座を行っています。
お仕事のご依頼はこちらから右矢印お問い合わせフォーム