実家の寿司屋 | a lace KIRIE 蒼山日菜のブログ
2012-09-20 19:00:19

実家の寿司屋

テーマ:ブログ

今日は、実家のお寿司屋さんをご紹介させてください

元町 都寿司

食べログより
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14020272/

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町5丁目196

電話:045-681-3850


実は、父ったら、、、
ミッシュランを断った店です(笑)

江戸時代からある老舗の寿司屋です。
曾じいちゃんが、東京の蔵前で寿司屋を営んでいたのですが、そこからおじいちゃんが横浜で店を出し、今は息子がやっています。

父が若い時のお客さんは、芸能人が多かった。あと、政治家も沢山来ていた店ですが、元祖寿司屋!というお店で、誰でも気軽に入れる店でもあります。

お昼はお手頃です。

夜は、そうですね、東京で食べる2万円の高級寿司がここでは6000円という感じ。
実はめちゃめちゃ有名だった店です。なかなか入れなかった店。

ジュリー(沢田研二さん)は、年中6時頃来たけど、すでにいっぱいで.... ほんとさ、申し訳なかったけど。。仕方ないよね。。と、そんな事ザラだったそうです。

今は一時代過ぎて、少し静かですが、それでも毎日予約して行った方が良いかな?という状況です。

この6000円のコースは、お任せコースですが、絶品揃いの特上です。

なので、ここから下がって4000円のコースもありますし、もちろん、一つずつネタで頼む事もできます。

ただ、昔ながらを守っているので、

メニューがない......


最初に「嫌いなものとかありますか?」と聞いて来ます。
「何が出るんですか?」と聞いたら、全部教えてくれるし、特に女性には優しい父です(爆)

というか、桃井かおりちゃんは本当にいい子でさ~

しか言わなかった....。

よくいらしてたそうです

6000円のコースは特上のトロから始まります。
絶品なのは海老を炙って塩!ウニ!穴子の梅肉。そしてなんと!馬肉(火が通ってますよ)の握りです。他に貝類もなんでもおいちぃですけどねー☆

私、ウニが絶対食べれなかったのだけど、あそこのウニは「プリン」のようで、いくらでも食べれちゃう!


尾っぽが七色





※こちらはウニイカ。イカウニ?です。
これも美味しい


とうとう、実家のお寿司か、ジュネーヴの「なごみ」と、「草庵」のお寿司ばかり食べるようになってしまい、日本で実家以外、お寿司を食べなくなった。。。
たまには別に行きますが、、、ここ半年以上、父のところばかりです。

連れて行く友人達もすごくいつも満足してくれて、ありがたい!

この間は、ジュネーヴから夏休み帰国してきた大親友ちゃんを連れて行きました。

「こ、これが寿司ぃいいい♡って思ったよ!!!確かに他のお寿司食べれない。。」と絶賛してくれて、

そんな彼女に父は、「ちょっと... 彼氏出来たら必ず連れておいで。僕が見てあげる」

私.....

ある日は、とある社長さんに、小指を出して「もし連れて来るなら♫ 僕はねぇ、日光の猿ですから。はっはっは!」

社長も「はっはっは!」

一瞬「???」

5秒後「爆笑」

こ、これこそ、昭和のギャグ!

なんだか和んでしまった。

分かります?

見ざる聞かざる言わざる
で、ありんす~

28歳の弟が継ぎます。父と一緒に毎日頑張ってるので、良かったら皆さん、食べに行ってみてください^^


誰かが、「ミッシュランを断った店特集」な本が出ないかなぁとか言ってました。
それを誰かに言ったら、「どこがミッシュラン断ったか分からないかもねw.... そりゃ探すの大変だよ」

確かに...... 募集したところで、そう言う所は「てやんでぃ!」と、無視されるのでしょう。

そんな実家の寿司屋さんです^^

ああああ、、、早く食べに行きたい。。。。

ううう、、、10月末までお預けかなぁ(遠い目)



蒼山日菜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス