⬇︎前回のお話💖💓💕





「なんだか騒がしいなぁ~!」




そう言って

お父さんがお風呂場を覗いてきた。




「あら!お父さんいつの間に?!」




そう驚きながらお母さんが言うと

お父さんが




「チャイムならしたけど

誰も出なかったから~!」




と、いいながら

ひゅうちゃんを見て




「お~!ただいま!

じぃじがきたぞぉ~!」





そう言った。




それを聞いた私達が




「お父さんは

じぃじでいいんだ!」



そう驚くと

お父さんは不思議そうな顔で首を傾げた。






明日から週末と言う事もあり

ひゅうちゃんに会う為に単身赴任先から帰って来たお父さん。




うちは2人姉妹で

男の子がいなかったので



お父さんはひゅうちゃんの誕生を

とても喜んでくれていた。


 


そんなお父さんは

お風呂から上がったひゅうちゃんを腕に抱き




実家の愛犬に




「ほら、ひゅうちゃんだぞ~!

噛むなよぉ~!!」




そう言って、ひゅうちゃんを愛犬に

紹介している姿を見て





みんながクスクス微笑み





久しぶりに…




家族の時間が戻った




そう思った。



でも…


読者登録してね





つづく➡︎