島田涼生という人といて | FTMつかっちゃんの生き方、考え方、学びのブログ。
新型コロナウイルスに関する情報について

FTMつかっちゃんの生き方、考え方、学びのブログ。

GIDのFTMつかっちゃんです。性格は本当に頭かたくて、プライドも高い人間です。だけど、30歳超えて、いろいろな方に助けてもらい、本当の自分がなにかを見つけていけている気がします。そんな僕の書きたいことです

今回ながーいです。



僕は、

すっごい人を気にします。
歳の割にお金ないです。
プライド高いです。
まじめです。
頭硬いです。
背が小さいです。
辛さや悲しさ溜め込みます。
そして、
自分にウソをつきます。


だからね、
しんどいです。


自分は今、こうしたい
正直、これしたくない


てあっても、
他人に合わせることが最優先


そして、
好きなことを好き
今、これに興味があるよ


て、出てきても、
ころころ変わると、
こいつ軸がない
って他人に思われるかもって感じて、
言わなかった。


もうね、
苦しくて苦しくて、
でも、誰かに言うことで、
自分が依存してしまうんじゃないか?
て考えてると、
自分ひとりで解決しよう
て試みた。


結果はね、
気持ちにウソつきすぎて、
気持ちがわからなくなった。
イヤなことを
イヤだと言えなくなった。
仕事もボロボロになって、
収入とか激減した。
あとは、恐怖だけ。
この先、大丈夫って。


しま塾来ててね、
毎回、
すごい癒される、
楽しいし、暖かい。


だけど、
カッコ悪い自分
情けない自分
汚い自分
は、最後の最後まで
出しきれなかった。


しまちゃん【島田涼生さん】
にも、だせなかった。


信頼とか、信用とかじゃなく、
ただ、これは僕の心の問題。
たかい、たかいプライドの問題。


それをね、
今回は吐き出した。


汚い自分・弱い自分・情けない自分
も、全部吐き出した。

もう、このプライドがイヤだ!
て、限界まできて、

ごめん、聴いてくれる?て。


人て、
いろいろなタイプがあると
思うんですね。



自分を本気で見てくれてる人か、
それとも、
自分のことしか考えてない人か。


学校の先生とか会社の上司
がいい例よね。
本気で自分を思って怒ってくれてるか、
自分を守るために怒ってるのか。



僕は、
しまちゃんに
自分のそのままを
吐き出したいて思った。
限界で、苦しくて、
今回はマジでダメだて思って。
その時に、浮かぶのは、
しまちゃん。
自分を本気で、心から見てくれてる
人て自分がちゃんと確信もって
感じてるから。


それは、多分
有言実行な人やから。
しまちゃん自身、カッコ悪いとこ
見せてるから。
俺、ほんまクズよ?
て、笑いながら言う。


だから、
僕も、
こんな風に飾らず生きていいのかな?
て思えてくる。

うさぎとカメてあるでしょ?
駆け上がるうさぎタイプもいれば、
一歩ずつ進むカメタイプもいる。
多分、僕はカメ🐢
だから、進むのが遅い。。


こうしたらいい
と、ゴールへのアドバイスもらって、
行動にすぐ移せる人と、
僕みたいに、ゴールを目指すための
伴走者がいる人がいると思う。


しまちゃんは、
伴走者。


こうしたらいいよ
のあとに、
だから、これしよ、今からするよって
体験させてくれる。


こっち、こっちおいで

て。


全て答えをくれるとかじゃなくて、
一緒に、
僕の足りないものを
体験してくれる。楽しんでくれる。
その体験から、
僕に必要なものを、僕自身が
そっか
て、気づいて見つけられる。
そこから、目標の一歩が見えてくる。


今回のツアーも、急遽変更。
僕は、硬くて遊びがない。
だから、めいいっぱい遊ぼ!て。
何がしたい?て。


神社ももちろん連れて行ってくれて、
人生はじめての滝を見た。
滝の根元の水触っておいでって。
多分、一人ならそこまでしない。
温泉入った。
温泉で語ったり、
温泉で、
しまちゃんにマッサージしたり、
急遽、マッキー呼んでくれて、
子どもの無邪気さと触れさせて
くれてた。
子どもの素直な願いが、
また叶うのを目の前で見た。


自分に今、必要なもの。
素直に言っていいよ、
素直に動いていいよ、
好きならすき、
イヤならイヤ、
全部が自分やからって、
自分で自分を認めることを
まず体験させてくれた。

それから、
ペースも人それぞれやから、
できなくてもいい
って。
大事なのは、今はできない自分を
認めること。受け止めること。


コロコロ変わってもいいやん、
1番奥の芯だけ変わらなければ
いいよって。

だから、
僕は吐き出して弱さを見せたとき、
ちゃんと、自分の考えていることが、
府に落ちました。