約2ヶ月ぶりの更新になります。 
前回の記事に、シダーサへ送った文の一部を
ブログに書いたのですが、あれから、毎日、
色々考えてました。 

考えれば考えるほど、シダーサに対してムカつく
気持ちや悔しい気持ちが出てきて結構しんどい
日々を過ごしました。
シダーサのお手伝いさんを通してシダーサ宛ての
メールを出しても返信はないし、自分のしたことを
認めて謝罪するどころかネットでの誹謗中傷は
さらにエスカレートして次から次に出してくるし、
私の怒りは収まらない毎日でした。

人前では明るく振舞おうと必死でしたが、
一人になった時 、無意識のうちにシダーサに
されたことが何度も頭に浮かんでくるのです。
思い出したくもない忘れたい出来事なのに、1年半
ほど経った今でもまだ私の頭から離れないのです。 

しかし、先日こんな嬉しい話を先生から
お聞きしました。 

それは、 
シダーサに対する私の気持ちをくんでくださった
先生が、シダーサに向けてハワイで法的な手続きを
始めてくださっているということでした。
その話を聞いた時、私はほんとに嬉しかったです。
安心したというか気持ちが軽くなったというか、
とにかく嬉しかったです。 

これまでは直接にシダーサのお手伝いを通じて
やり取りをして、納得のできる償いをして欲しいと
思っていたのですが、なんせ私からのメールを
一切無視して、それでいて嫌がらせは日に日に
酷くなっていく一方だったので、どうしようかと
途方にくれていたところだったので尚更、先生から
その話を聞いて私の気分は晴れ晴れしています。

そして、私は思います。 
やっぱり、人を傷つけるような犯罪を犯した人が、
たとえ元シャーマンという立場であったとしても
絶対に逃げ通せるはずはないと。 


ひまわりまりな