コメントを受けて。

テーマ:

先生笑美さんもブログで書いてられましたが、
ブログ記事に対する「σ(^┰゜)アッカンベー」と
いうコメント。 
私だけでなく、先生や笑美さん、おたっきーゆっきー
さん、他にも何人かの人に似たようなコメントが
ほぼ同じ時間に書かれていました。 

このコメントを見た時、「シャーマンやお手伝いさん
もう嫌がらせのアイデアがなくなったんだな~。」
と哀れに思いました。
手の施しようがなくなって悪あがきの末の嫌がらせ
に思えて仕方ありまでんでした。 
とか、書いたらしつこい人たちなのでまた
何かしらやってくるかもしれませんが 
なりすましサイトだけでなく、アダルトサイトにまで 
住所や連絡先、写真までを掲載してなりすまし
ちゃうともうやれることってないですよね( ̄▽ ̄;) 
ブログのサーバーの人たちにも、嫌がらせの常連が
また来た!なんてもう知れわたっているかも
しれませんし。

ま、もし新しい嫌がらせをされたとしても 
悪いことをした方にその制裁が必ず返るというのを 
これまでに、何度も目にしているので私は
焦ることも不安に思うこともありません。 

しかし、シャーマンやお手伝いさんの気持ちは
どうでしょうか? 
これから自分達にどんなことが返るのか?
相当心配になっているのではないでしょうか? 
特にお手伝いさんは不安で仕方ないと思います。。。 
弱みを握られ脅されていたとしても、こんなことを
するんじゃなかったと、 シャーマンをサポート
したことを間違いなく後悔していると思います。 

人が生まれ持ったカルマを取り除き、その人の
人生を先生と一緒に良い方へと変えていた
シャーマンの面影がゼロになってしまったどころか、
人を巻き込んで悪い方へと引きづり込んで
マイナスにしているシャーマン。 

人はこんなにも変わるんだ、と実例付きで
経験できた私はこれから先もずっとこの出来事を
忘れることはないと思います。 

そしてもし、結婚して子どもができた時には 
「こんな人もいたんだよ。」とシャーマンや
お手伝いさんの話しをすると思います。 

悪い例として誰かの記憶に一生残り、次の時代へも 
受け継がれていくなんて、恐ろしすぎて絶対に
嫌だな~と強く思うマリンギョでした。 


ひまわりまりな