8月のワークショップは兵庫県か、音声のみの
加で受けさせてもらいました。いつもは、
日本側皆さんと受けるのですが、この日は
私事があり、1人ライン通話で参加させてもらうことができました。
電波がちゃんと届くのか、講義の最中に抜けて
ことだったので私の中の緊張感はmaxでした。

しかし、ワークショップ開始時間になって
ラインに掛けると真由美先生の声が透き通る
くらい綺麗に聞こえて、電話セッションを受けて
いる感覚でした。(繋がった瞬間、変な緊張感は
一瞬で消え去りました)

8月のワークショップは1時間30分。

ワークショップが終わり、教室に戻ろう。
と後ろを振り返ると、、「 51-00」と書いた車の
ナンバープレートが5台横並びになっていました!
私を囲むように止まっていたのです。びっくりし
すぎて、1人で「えっ??すげぇ。。」と
思わず言っちゃいました。
ワークショップ終了間際に、
「みさとは音声で参加してるからまた感想を
テキスト下さい。」と言ってもらった直後だった
ので、驚きは倍増。
すぐにハワイ側参加の方に写真を送ってました。

そして私の驚きは続きます。

「51-00」のナンバープレート5台横並びを見た
後、スクーリングからの帰り道には
「ナイル」という看板も見たのです。
ワークショップに参加された方は先生からお話が
あったのでご存知かと思うのですが、
ワークショップ中にエジプトの話しをされてい
て、そこで「ナイル」「ナイル川」と
何度も口にされていました。

私は兵庫県にいて、真由美先生はハワイ。
ワークショップが終わり、「ナイル」という看板
私が見るって、、このタイミングで普通あり得
るのでしょうか。。
私は知らない場所へ初めて行き、そこでワーク
ショップを受けて、直後にこんなことが
起こり得るのでしょうか。
不思議でしかないです。
でも私にも分かるくらいに、あり得ないようなこ
とを見せてもらえたことに感動して、
鳥肌がやばかった。。

まるで真由美先生がすぐ近くにおられるような
感覚のワークショップでした。私の夢への第一歩
でもある、絶対に行かないと行けないスクーリン
グだったのですが、「ワークショップに参加した
い。」という思いで奇跡的に兵庫県から参加する
ことができたこと。
ワークショップに参加することを優先順位1番に
すると、不思議なことが起こる。ということが本
当だったことを私は体験しました。
5次元スクール最高。

ひまわりみさと

↓↓
「51-00」ナンバープレートの写真です。
5台横並びで撮ろうと思ったのですが、
写真の枠に入りきらず3台並びの写真です。
3台並びも滅多にないと思うのですが、、、。

{9918619E-E47A-4324-956F-1D6419B68324}