ペルーツアーからの学び。

テーマ:

ペルーツアーでシャーマンとか、ヒーラーとか、
メディスマンと言われる方にお会いして
わかったことがあります。
皆さんにも知っててもらいたい、と思うことを
今回、ブログに書きます。

それは、表面的な部分ですごい名前があったとしても、
人間的な意味での中身もすごいかはわからない。と
いうこと。
名前があるからすごいとか、尊敬できるとか
そういう見方で期待をしていると、がっかりする
こともたくさんあるということ。
ペルーツアーで、どれだけすごい名前がある方で
あっても、人間的な部分で尊敬したい、と思う方は
1人もいませんでした。それどころか、その方たちの
話を聞いて本当にすごいのかな?と
疑う気持ちを持ってしまいたくなるほどの
人もいました。

そういうことを経験して振り返ってみると、
真由美先生と初めてお会いした時は
「この方はなんかすごい気がする。先生の話が
自分の中に響いてくる。」と思っていたのを覚えて
います。先生はすごい、とか聞いてもいなかったのに、
会った瞬間からこの方はなんか違うな、安心感が
あると言うのが当時中学2年生の私でさえ
わかるくらいでした。

本当にすごい方は称号や名前にこだわらず自分の
すごさを口や態度にも出さずに、自分自身を
磨き続けられるから、何も言わなくても、その人の
すごさが滲みでるんだ、と先生とペルーで
お会いした方々を比べて思いました。

毎日の生き方の姿勢から見習いたい、と思える方の
教えを受けられる五次元スクール。
信頼できるのは今の所、ここだけだなと私は思います。

ひまわりまりな