チューリップルームでの実習について | ベビーシッター養成 `ひまわり´のブログ

ベビーシッター養成 `ひまわり´のブログ

日本の「子育て家族」を、‘ひまわり’のような明るい笑顔でいっぱいにするために、
「安心」「信頼」できる
ベビーシッターの普及をめざし、育成講座を開講しています。

派遣会社様からの委託の講義や、個人への講座を行っています。興味のある方、ぜひご購読下さい!

ひまわりでは、研修を受けた後、


それを実践する‘実習する制度’を取り入れています。

※2日間(10時から13時まで)



子どもは大好きだけど…



・子どもときちんと向き合ったことがない!子どもとあそんだことがない!

・自分の子どもとしか向き合ったことがない!

・子どもに絵本を読んだことも、手あそびしたこともない…



…これでは、お子様を実際にお預かりするには不安がありますよね。。。


また、



・実習先の方針に合わせて接し、子どもたちの様子をスタッフに報告する。



…これもシッティングと重なる部分が多く、とても勉強になります。

研修をしていると、この報告の部分が難しい!という声を皆さんから聞きます。

これも経験です。回を重ねるたびに上達していきます。




実習では、研修で学んだことを実践することを目的とすると共に

社会で通用する態度・行動をとることができるのかなども判断させていただきます。



注意を受けた場合には、自分を省みることで向上して行けますね。



このような有意義な時間を過ごさせていただく


神奈川県川崎市宮前区にあるチューリップルーム は、このようなところです。


東急田園都市線 宮前平駅から区役所の方に坂を上がり(かなりの急坂です)

富士見台小学校の先を右に曲がって、1つ目の十字路を少し行くと左側にあります。





中に入ると、2歳から6歳までの子どもたちが15人くらい一緒に遊んでいます。



 



まるで大家族みたい!

子ども同士が喧嘩して、片方が泣いていても大人は手を出さない!

大人は見守っているんですね。

その代り周りの子どもがジャッジしています。

兄弟げんかと同じですね。



この日は雨だったのですが

雨だから外で遊べないね…じゃなくて、雨でもカッパを着て外に遊びに行く!

みんな、すっきりした顔して帰ってきました!


 



大きいチームと小さなチームに分かれて遊ぶことも。

大きいチームは、ルールのあるあそび。小さいチームは、絵本を読んでもらっています。


 



パネルシアターも。子どもも参加しています。


 



ランチはしお弁。園長=しお先生が作ってくれます。

子どもたちは、空のお弁当箱を持参します。

それによそって食べるのです。

小さな子も、自分でご飯をよそっています。



 

 



最後に…私もいます!よろしくっ!!