目黒雅叙園 共用部② | momoが行く、日本のホテル・旅館巡り

テーマ:

共用部、続きます。



こちらがフロントです。チェックイン手続きはこちらで行いました。
夕方5時ごろ伺ったんですが、スタッフは3名ほどいて、十分な人員でした。平日の夏休み期間中でしたが、混雑しておらず私一人。
男性スタッフが丁寧に手続きしてくださいました。

客室までの案内をお願いして、別の男性スタッフとともに客室へ。






客室階へ行く際に利用するエレベーター。漆塗りのエレベーターです。キラキラしていて、とても豪華!









エレベーター内部はこんな感じです。

日本画家 吉田登穀による孔雀の原画がもとになった、漆と貝の光沢を利用した「螺鈿(らでん)細工」のエレベーター。出典:一休








客室階のエレベーターも同様に漆塗りになっていました。









エレベーターを降りると、目の前にはホールがあり、待合いスペースっぽくなっていました。こういうスペースが客室階にあるのは珍しいです。
客室が広く、家族連れでの利用や2世代での利用の際はこの待合スペースがとても役に立つと思います。結婚式場が完備されているので、親戚が何家族泊まっても大丈夫です。打ち合わせ等に使えます。

終日、スタッフはおりませんでしたが、電話があるのでそれを利用すれば、いつでも駆けつけてくれると思います。






フロント階のカフェ前。
館内に水路があって、色とりどりの鯉が泳いでいました。館内に鯉が泳いでいるのなんて、初めてです。とても優雅でした。
ここで和装の結婚式を挙げたらと妄想が膨らみました。素敵です!






カフェラウンジ パンドラ。営業時間10時-22時。
夜バージョン。
とても広々して、席もたくさんあります。

この他にも、レストランは豊富で、ステーキ、日本料理、中華、西欧料理、barがあります。
1日ゆっくり過ごせそうです。もちろん、目黒駅まで徒歩5分ほどなので外に食べに出ても良いですね!






カフェ パンドラ。
昼間バージョン。窓の外には小さな滝付の日本庭園が!鯉がたくさん泳いでいます。






こんな感じです。






水の音が癒されます。




目黒雅叙園の口コミ(宿らん)


さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス