夏休みなのに雨

ぼくは宿題の版画を彫る

彫刻刀で一心不乱に

板の中から世界を彫りだす

 

木のけずれる

鼻をくすぐる香り

ぼくはからだをまるごと使って

板と向き合い自分を忘れる

 

朝からふっていた雨は

お昼を過ぎてようやくあがり

ぼくの版画も彫りあがる

昼飯たべたら泳ぎにいこう