近所の暇つぶし

近所の暇つぶし

長野くんとV6の話がメインな予定。 どんな体裁かは「はじめに」を参照奨励。
過去ブログ(http://rinori.blog.shinobi.jp/)から移転しました。

最近本当にブログを更新できてないけれど、新曲の『ある日願いが叶ったんだ / All For You』はきちんと予約しました。

令和になってもV6熱は変わりません。

 

そして来週はついに長野くんの舞台!

楽しみだなあ。でも長野くんの舞台が近づくということはGWが終わりに差し迫るということでもあるんだなあ……

駅の中とかポスター掲載され始めて、だんだん舞台が近づいてるのを実感できて嬉しいなと。

最近ブログ更新できてませんが、舞台は本当に楽しみなんです。

早く公演日来ないかなあ……

晴れ、ときどきファーム!のスペシャル。

前回は目玉焼きで今回は焼き芋。

パートナーも前回と同じで千鳥ノブさん。千鳥さんは長野くんのことをいじってくれながらも優しいから素敵コンビだなあと思っていたので、今回も一緒で嬉しかったです。

長野くんの美食かつ究極のこだわりが垣間見れる30分番組でした。

というか冒頭からが「今日も時間かかるよ」だもんなあ。

しみじみと口を開くからまた面白いし、後ろ向いて笑ってる千鳥さんも面白いし、本当長野くんの番組は化学反応だわ~と。

そりゃ知識も洪水する。

女性陣からのメッセージも半分クレームだったけど、仲がいいからこそだよな。

 

「貯蔵の技術がすごいのよ!」ってものっすごくニコニコ嬉しそうに笑いながら千鳥さんに話しかける長野くんが可愛くてだな……

そっかあ……貯蔵かあ。ありがとう貯蔵。長野くんを笑顔にしてくれてって思いますよね。

それにしても、まあ当たり前っちゃ当たり前だけど、この番組は本当専門用語とか化学記号とかを存分に出してきて……しかも番組の前に一緒にやるパートナーを外して既に色々実験してるのが長野くんらしいし、「V6ですよね?」って問われて「一応……」って答えてるのも本当愛おしくてどうしようって感じで。

むしろ試行錯誤が3か月で済んでるのが短いかもしれないって思うくらい……管理人もちょっとおかしくなってるかもしれない。長野くんやディレクターさんたちに触発されて。

ここまでやっておきながら、「成功するとは言っていないよ」って言えちゃうところが本当好きだ。究極の焼き芋どうこう以前に、このご時世でここまでやれるのがそもそも贅沢なんだよなあ……そしてこの宣言後のはにかみが超かわいいからどうなっても許しちゃうよっていう。

焼き芋を見守る長野くんの瞳がきれい……

 

 

結果としては糖度も35.8まで出たし、料理は科学だし。

大成功に終わってよっかったね!

でもたとえ成功しなくても長野くんは受け入れるんだろうけど……

というより、そこまでの試行錯誤の過程、テレビには決して映らないところにこそ長野くんのこだわりが本当は詰まってるんでしょうね。

次回も是非楽しみにしたいです。

 

 

 

 

クイーン・エリザベスの例の舞台ですが、第一希望で当選しました。

当落発表時に入金も済ませたので、爵位付きの長野くんを見に行ってまいります。

 

今からとっても楽しみだ~~。

そして今日は

こだわり美学もありますね!

 

土曜の夕方で約1時間半の番組ってすごいよね。

さかなクンの話はネクジェネとかでよくイノッチから聞いてる気がするけど、このコンビ可愛いなあ。

さかなクンの説明にも真剣にかつノリもよく応えられる長野くんの食の変態と対応力よ……

長野くんは自分が話してる時ももちろん好きだけど、人の話をうんうんって優しく頷いて聞いてくれるあの安心感がたまらないですね。

さかなクンにつられて、というか元々長野くんって食材とかにも優しく囁いたり話しかけたりするのがデフォだからいつも通りといえばそうなのかもしれないけど、魚介に謝ったり継承つけて話しかけてたりするのも可愛い。

 

あと、食べるだけかと思ってたら、浴衣着てるし温泉も入ってるしすっごいファンサービスだな!お隣の方と並んで入ってたけど、やっぱりこう見ると長野くん肌めっちゃ白いし華奢やわ~……って。

というか、女性ゲストさん差し置いて男性陣なのがまた。

 

 

書きたいことはいっぱいあるけど、際限なくなるのでさらっとこの辺りで。

とにかく始終長野くんが美味しいお魚食べられてよかったねってこっちがニコニコしちゃう番組でした。

食べ方も色々あったし、長野くんを食でおもてなしするってなるとむしろこのくらいしないといけないんだろうかと考えされたりもしました。

さかなクンとのコンビが本当に目の保養だったので、またあったら嬉しいなあ。

 

 

■Right Now [music video]

おしゃれ~~!

とにかくなんかおしゃれ。かっこいいとかきれいとかの前におしゃれだなあって印象。

「他の男と一緒にしないで」と「誰にも渡さない」の表情がたまりませんですね、長野くん。

というかこのフレーズを長野くんが言ってるのがいい。素敵。

誰にも~は他のメンバーも言ってるけど、やっぱり人が違うとニュアンスとか受け取る印象が違うので……ソロだと特に手の振りの動きもメンバーの個性出るしなあ。

長野くんはやっぱり何かを掴もうとする動きするんだよね。

あと「知りたくて 知れなくて」とかの、なんというか、語尾の置き方も好き。

このMVはメンバーの笑顔が全くないので、なおさら大人感が出てる気がする。

 

 

■スーパーパワーで乗り越えろ! アドリブV6

約40分の企画。即興ドラマ。

冒頭のスタッフさんとメンバーのやり取りはお約束。

ごねたり暴言吐いたり暴力的だったり……そもそも最初何も知らない体で入るあの下り。

 

それにしても企画の説明後、坂本くんが「グダグダになる可能性大だよ!」って不安をこぼすのに対して、スタッフさんが「確かに」って言っちゃってるものね。

「6人だと緊張感の部分でちょっと不安な要素もあるので……」って。最初から不安しかない企画って分かってるってことですよね。

まあそのために他のメンバーを笑わせたりして妨害した人には罰ゲームを設けるルールにしたそうですが。

あれですよ。初めて今回の特典映像を知った時、「あ、これもまたやばそうだな」って思ったのを裏切らないスタイル。さすがV6。

開始数分でこちらの緊張感はすでに高いです。

罰ゲームに対してご褒美は?って聞いちゃうイノッチ可愛い。そうだよね、昔からご褒美好きだよね。

アドリブは2回実行。1回目は様子見も兼ねて……という感じもする。

 

ここからアドリブ1回目の感想。

演技する順番決めは、番号が振られたカラーボールを各々引いて決めていたけど、長野くん初っ端からやらかすなあ。

1番を引き、しかも番号が書いてある面を見ずに「何も書いてない」とか言ってるの……よく見て。

引く前に「初めは嫌だなあ……」ってぼやいていた通りの結果になったので、ある意味長野くんは持っている。

ちなみにカラーボールはメンバーカラー6色、番号はメンバーの年功序列順で振られていたので、長野くんは青色を引いてた。好きな色でよかったじゃん。

そして長野くんの最初のセリフは「まさかこんな事になるなんて!」

まさに今じゃんって思いつつ……

ここで分かってる演技順は、長野くん→岡田くん→イノッチ→森田くん→三宅くん→坂本くんですね。

長野くん以外は別室でモニタリング。演技者の設定をチェックして自分の番に臨みます。

それから演技スタート直前、別室待機メンバーのセリフがこちら。

森田くん「正直ドラマをめちゃくちゃにするんだったら長野くんだと思ってた。その人がまさかの一発目」

正直管理人も同意するところではある。酷いことだけど。

でも森田くんが本当楽しそうにめちゃくちゃ声高めに笑ってるから、それだけでやる価値があるんじゃないかなあって感じですよね。

具体的なアドリブは省略しますが、以下印象的なセリフとか。

「あいつ拒否するために死んだぜ!」

「死んじゃったの?」って確認する声が可愛い。

「旅ガラス」と「反復横跳び」

「すげえなお前。強いなこの状況で行けるなんて!」

「んふっ」

「トライアングルス」

「ケツ出せ」「くっつけろ」

「神様お願いします」

「アドレナリン」

「最低だね。最低なクオリティーだったな……」

そして結局ぐだぐだと罰ゲームは決まり、設定を台無しにしたという理由でイノッチがセンブリ茶を飲むことに……

 

 

そこからの2回目。

今度は岡田くん→森田くん→三宅くん→長野くん→坂本くん→イノッチの順で。

最初のセリフは「しかし今回はうまくいったなぁ!」

本当にその通りになるといいですが。

1回目と同様具体的なアドリブは省略して、以下印象的なセリフとか。

「松井モデル」からの、「軟式用って書いてますけど」

「金持ちです。財閥財閥」

ドラマの軸を元に戻そうとする人。そして誰にも相手にされない人。

「何帰ってきてんのよ!」

「あいつら無理だ!あいつら無理だ!」

「整形したのよ」

気功の先生のえぐい攻撃

まさかの1回目と同じオチ。

拳銃片手に「ありがとー!ありがとー!」ってにこやかに笑ってるのちょっとサイコっぽくていい。そして笑い顔が可愛い。

罰ゲームはだれがどう見ても森田くん。

 

……という。40分がとても短く感じる、今回も楽しい企画でした。

やっぱり全力でふざけさせたら天才だ!

 

 

03の感想はまた次回。

書くとしたらトニカミ曲とジャケットくらいになるかもしれないけど。

 

 

 

01~03のストリーミング特典やブックレットの感想は省きます。

欲を言えばストリーミング特典もちゃんと映像として物理的に残してほしいなあ……なんて思いつつ。

 

■Super Powers [music video]

色合いがきれい~。

バックダンサー達は、MVだとあんな感じで出現するんだ。急に出てくる感じか。それなら確かに音楽番組で先に見といた方がビックリしなかったかもしれない。たとえ前情報があったとしても……

悪魔の実を齧ろうをするメンバーの口の開き具合や目線や表情にちょっとドキドキする。

水しぶきの中を踊るって、ぱっと思い出すのはSky's The Limitだけど、使い方が違うだけで表現って本当に変わるんですね。

 

 

■Super Powers MV Making

悪魔の実の作り方が分かってちょっと得した気分。

坂本くん→森田くん流れのスタッフさんへの悪戯が地味に可愛い。というか絡まれてるスタッフさんの声が可愛い。

長野くんの「俺だけ野菜だった」って愚痴可愛い。その後見どころって言ってるのもとっても可愛い。

悪魔の実を写真に納めてるのも可愛い。あれはデジカメかな?

イノッチは相変わらずMVの撮影の時の嘘つきが酷いな。しかも長い……そして乗っかる坂本くん。

バックダンサー達も白い部分で衣装がちょこっとずつ違うけど、何種類分あるのかなあ。

坂本くんと三宅くんはなんか父と息子みたいな関係だなって思う。

 

 

■Right Now  MV Making & Jacket Shooting Making

イノッチの嘘つきと、テレビジョンの表紙の偽レモンが不覚にも笑った。それが革命とは。

そして坂本くんも今回何故か嘘つき側に……

皆カメラの触り方や扱い方がちょっとずつ違って、そういうのもファンからすると面白いですよね。

この曲、ダンスだけでもずっと見てられるなあ……かっこいいし細かいし。自分の目が足りない。

 

 

 

 

 

 

おめでとうでもあり、管理人が嬉しいニュース。

 

舞台は5月5日~26日。

「クイーン・エリザベス -輝ける王冠と秘められし愛-」

伯爵役かあ。散々ロイヤル博とか言われていたけど、ついに長野くんが爵位持ちになってしまいますね。

会社からの帰りの電車内、「あ、事務所からメールきてる~」って軽い気持ちでメール開いたら変な声出ましたよね。

もう、本当にありがとうございます。詳細楽しみに待っております。

 

こだわり美学の方は、2月22日23:00〜23:30。

「晴れ、ときどきファーム!SP 『長野博のこだわり美学 究極の焼き芋(仮)」。

前回は目玉焼き。今回は焼き芋。

また素材の味を活かした化学実験場になりそうで楽しみ。

 

それと、今年も「愛なんだ」をやるそうで。

こんな1月から長野くんやV6情報が入ってくるなんて、嬉しいなあ!!!

 

 

 

 

※大したことないですが、間違っていた番組名等を修正しました

 

こちらではSuper Powersを披露。

6人の曲紹介で衣装が白と分かる。

三宅くんが新曲及び今回歌う曲の話をした後に、イノッチがダンサーがいることに触れて皆で珍しいね~ってちょこっと言い合った後ですぐ歌へ。

最初に歌番組でSuper Powersを見たのはFNS歌謡祭。

あの時、ダンサーのはけ方がちょっともたついてるなと思ったって管理人は感想を認めていたけど、見るにつけ改良されてますよね。

蜘蛛の子を散らすようにばっと一斉にはけてくの、今の方がかっこいいと思う。

 

最後、今回の締めは三宅くんからの一言。

コーナー(と言うほどでもないけど)の前にイノッチが三宅くんの肩に手を置いてるの可愛い。

そして一言がちゃんとただの曲の宣伝だった。

 

やっぱり6人揃ってるの見られると多幸感が違うな。

 

 

あなたの知らないV6の秘密ということで、24年分のお宝映像も一緒に見せてくれるのかー……なんて、タイトルを見て思っていたら。

初っ端V6のメドレーから番組が始まる。しかもラインナップがこれ。

 

SPメドレー:HONEY BEAT→Beautiful World→Supernova

 

メドレーがなんか、曲順はともかく実際にライブで歌うやつじゃないですかー!って早くもテンションあがりつつ、同時にライブ行きたいなあって喪失感も味わえました。

そしてSupernovaはやっぱり客席が沸くよね。1、2曲目が元気をもらえる曲だったりきれいな曲調だったりするから、余計に3曲目の大人ダーティー(でもないか?)感が際立つというか。大人セクシーっていえばいいのかな、とにかくかっこいい。

何度でも言うけど、V6の数ある魅力の一つに、ギャップがあるわけですよね。

 

そして、トーク部分では24年間のライブの魅力を徹底解剖ということで……メンバーの話を交えながらV6ならではのライブ演出やらをご紹介。

この企画のいいところは、V6に興味がなくてたまたまバズリズム02を見た人が、もしかしたら「あれ?V6なんかかっこいいかも。ライブ行ってみたいなあ」って思ってくれるかもしれないところですよね。

まあそうは言ってもV6のライブに行くにはまず会員登録しないといけないからハードルはそこそこ高いけど……でも、円盤は買えるか。

出てきた演出の中で、Vロードはともかく、ラッキーガール企画は懐かしいな……

アダルトダンスは確かにそうかもしれないけど、それよりお手振り曲以外汗だくになりながら踊りきってくれるそもそものライブ構成が管理人は好きだから、どちらかといえば今でもずっとダンスナンバーを新曲で出してくれて、過去の歌もきっちりやってくれるメンバーが好きってことになりそうな気がする。

照明が変態的は確かに。変態照明の命名は笑うけど。

VとVVプログラムの分かりやすい説明をバカリズムさんが言ってくれた。旅館の銭湯の男湯と女湯を入れ替えるやつ。うん、確かにそれ。

 

トークの後のRight Now。

アダルトといえばこの曲もそうだよね。雰囲気で香らせる感じ。

歌詞は割とストレートなところもあるのに、でもお洒落。曲と詩の妙だなあ。

 

お宝映像は50連発。各メンバーの見せ場をお届けしてくれたけど、岡田くんの腕枕筋をヒストリーにして紹介してくるバズリズム02のマニアックさに笑わせてもらった。

長野くんは三宅くんとセットでイチャイチャしてる映像を切り取り。

アクロバット集に関するトークで、何回も話されてるけど、やっぱり長野くんの台宙からの正座着地の話好き。行儀イイな~!って感想が好きだ……なかなか出てこない。

 

 

そしてバカリズムさんの一番印象に残ったのをイラストにするやつ、まさかの長野くんの正座っていう。

映像になかったでしょ!って笑いながら長野くんも突っ込むよそりゃ。

……というか、記憶違いでなければ今までずっと森田くんを描いてた気がするから、初めて別のメンバーになったんじゃなかったかな?

少なくとも長野くんが描かれたのは初めてじゃないかな。

 

とにもかくにも。懐かしい映像も見られたし、メンバーの話も聞けたし、ライブを彷彿とさせるメドレーも見られたし、楽しい時間でした。