二重全切開+ROOF除去〜その後の経過;術後4ヶ月のラインや傷の変化を考察〜 | ヒルズ美容ステーション

二重全切開+ROOF除去〜その後の経過;術後4ヶ月のラインや傷の変化を考察〜

今回は今年2月にブログにアップした記事

 

『切開式重瞼術+ROOF除去〜術後1ヶ月でどこまで変わったか?〜』

 

その続編です。

 

二重全切開+ROOF除去 タイトル

 

手術は局所麻酔下にて二重全切開+ROOF除去を行いました。

 

前回はその術式の解説と術後1ヶ月までの経過(開眼・閉眼の状態)を記事にしました。

 

二重切開+ROOF除去(術中写真)と経過

 

https://amba.to/2JNbW4X

 

詳しくは上記アドレスから記事をご確認下さい。

 

二重切開のダウンタイムは長く、

 

ラインの完成は半年(*)で、

 

(*)1年〜数年と考えている医師もいて見解は異なる。私は修正が可能となる時期と考えている

 

今回は4ヶ月経過した状態①〜④を評価します。

 

確認するポイントは、

 

① 黒目の見え方

 

② 瞼縁のカーブ

 

③ 重瞼ライン

 

④ 切開線(傷跡)の経過

 

二重全切開+ROOF除去 (開眼):術後経過

 

施術後4ヶ月の状態(開眼時)です。

 

各ポイントをチェックします。

 

① 黒目の見え方

 

腱膜固定を行ったことで瞼縁がしっかり持ち上がりました。

 

術前に比べ黒目が綺麗に見えるようになりました。

 

② 瞼縁のカーブ

 

カーブは綺麗なアーチを描いています。

 

瞼板中央に1ヵ所、その両サイドに2ヵ所かけてバランスを調節しました。

 

これが不十分だと三角目(ワニ目)になります。

 

特に腱膜は目頭側が薄くなるので少し工夫が必要です。

 

③ 重瞼ライン

 

実はよく見ると左右差があります。

 

右眼はインライン、左目はアウトラインです。

 

私は少し気になりますが、患者様は問題ないようでした。

 

基本的に瞼縁のカーブが綺麗であれば、左右差は意外に気にならないことが多く、

 

私はラインよりはアーチが重要だと考えています。

 

二重全切開+ROOF除去 (閉眼):術後経過(傷跡)

 

④ 切開線(傷跡)の経過

 

眉毛はお化粧をしていますが、瞼のお化粧は落として撮影しています。

 

傷はかなり綺麗になりました。

 

この時期は、傷の赤みは引きますが、

 

入浴や運動で血行がよくなると赤みが増します。

 

それでは最後に経過をおってみましょう。

 

二重全切開+ROOF除去 (開眼):術後経過

 

二重全切開+ROOF除去 (閉眼):術後経過(傷跡)

 

腫れやラインの変化、傷跡の経過がよくわかります。

 

*ラインが安定するのは最低6ヶ月、傷の赤みが改善するのは3〜6ヶ月かかります。

 

 

いかがでしたか?

 

経過を追うこと、そして検診を行う事はとても大事なことです。

 

変化がよくわかります。

 

またダウンタイム中は特に不安になるので、

 

検診に時間をとり悩みなどを聞くことは大切です。

 

          丸山成一

 

※before &afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、左右差、後戻り、浅い重瞼線、深い重瞼線、不整な重瞼線(予定外重瞼線)、

目が開きすぎる、脂肪を除去した部分の陥凹、角膜炎、ドライアイ、目の開きが悪い、

瘢痕形成(傷跡が残る可能性があります)、頭痛、目の奥の痛み、

自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。