リストカット跡の修正〜リストカットの傷に見せないようにする工夫〜 | ヒルズ美容ステーション
2017年02月28日(火)

リストカット跡の修正〜リストカットの傷に見せないようにする工夫〜

テーマ:傷跡修正

リストカット跡で悩む患者様は多く、

 

他院でレーザー治療などを行ってこられるのですが、

 

「全然変わらなかった」

 

・・・とおっしゃいます。

 

私はレーザー専門医・指導医でよくレーザーのことはわかっていますが、

 

白くなったリストカット跡をレーザーで綺麗にすることは、

 

まず無理だと考えています。

 

リストカット跡

 

今回は白くなったリストカット跡に対し、

 

傷跡修正によって目立たないようにする工夫を説明します。

 

ところでリストカットする場合ですが、

 

ほぼ確実に一直線に切ります。

 

そのため直線状の傷が何本もできます。

 

今回の症例も複数の直線状の白いリストカット跡がありました。

 

私はどう工夫しているかというと、

 

その直線の傷をジグザグの傷にかえてしまいます。

 

リストカット跡の修正 W形成術

 

ジグザグつまりW形成術などを利用して行います。

 

なお傷が近くに複数ある場合は、

 

必ず一本づつ行います。

 

これは修正した傷がお互いに引っ張りあるために、

 

結果的に傷の幅が広がってしまうためです。

 

ではその経過をみていきましょう。

 

リストカット跡 修正の経過

 

最初は赤くなっていますが、

 

次第に赤から茶色に近い状態になります。

 

そして約3年も経過すれば・・・

 

リストカット跡 ビフォー アフター

 

傷は若干残っていますが目立たなくなりました。

 

最初の直線の傷をジグザグにしているために、

 

リストカットの傷跡に見えなくなるわけです。

 

患者様も大変満足してくれました。

 

今後は隣の傷を修正していければと考えています。

 

 

いかがでしたか?

 

傷はなくなるわけではありませんが、

 

リストカットの跡が、

 

リストカットの跡ではないような傷に変えることで、

 

少しでも目立たなくなり、

 

気持ちのゆとりがでてくるのです。

 

 

       丸山成一

 

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

※リスク・副作用・合併症

内出血、腫脹、傷の哆開(しかい;傷が開く)、糸が出てくる(埋没縫合した糸がでてくることがある)、縫合糸膿瘍、テープ(傷の安静をはかるためのテープ固定)かぶれ、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷跡の両端が盛り上がる)、傷の肥厚・陥凹、修正前より目立つ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス