顔の黒子をレーザーで取って明るい印象に! | ヒルズ美容ステーション
2016年02月03日(水)

顔の黒子をレーザーで取って明るい印象に!

テーマ:炭酸ガスレーザー;黒子・イボ

今回は黒子取りのお話です。

黒子は基本的に悪いものではありませんが、

もしその黒子が顔にたくさんあれば・・・

そうなんです!

とりたい心境になる方がたくさんいらっしゃいます。

今回の患者様は、

口と鼻の周りに合計で10個の黒子がありました。



普段はお化粧をぬって隠していますが、

上の写真のようにお化粧をとると黒子が現れます。

患者様はとても気にされ、

常日頃取りたいと思っておられたようです。

では・・・

このような黒子はどうやって取ればいいかというと、

一般的には炭酸ガス(CO2)レーザーがファーストチョイスになります。
 

 

 



炭酸ガスレーザーの波長は水に特に吸収しますので、

医学的には皮膚に豊富に含まれる水分に反応し蒸散させます。

つまり黒子の部分に照射することで、黒子が蒸散してなくなってしまうわけです。

言いかえれば“黒子を削りとる”とすればわかりやすいかもしれませんね。

特に気をつけないといけないのは、

同一部位の照射時間が長くなれば深く蒸散され、

正常組織が削り取られ陥没した傷跡になってしまいます。

レーザーだからといって皮膚に傷がつかないと思ってはいけません。

施術する医師の技量によっては傷をつくってしまい、

諸刃の剣となりかねません。


では・・・

before & afterをみていきましょう。

傷になっていないかもしっかりご覧下さい。
 

 

 



黒子も綺麗に取れ口もとの印象もかわりました。

凹んだ傷になっていませんよね。

患者様も大変喜んで頂きました。


ところで余談ですが、

こんなエピソードもあるんですよ。

患者様の中に・・・

「先生!口もとの黒子を取ると、食物に不自由することはありますか?」

・・・と時々聞かれることがありますが、

私も占い師ではないので答えられませんよね



いかがでしたか?

黒子を取るだけでお顔の印象が変わります。

取らなくても問題はありませんが、

取れば取れたでお顔が明るくなりますね。

         丸山成一

 

※before & afterの画像についてのご注意

写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

 

※リスク・副作用・合併症

内出血、発赤、炎症性色素沈着、色素脱出、再発、水疱形成、火傷(傷の肥厚・陥凹、ケロイド形成)、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

 

ヒルズ美容ステーションさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス